ENG JPN

VOLOJZA、88Lexuz、PoivreによるユニットDie, No Ties, FlyがセルフタイトルEPをリリース

本日リリース

 

 

〈VLUTENT RECORDS〉のVOLOJZA、OGGYWESTの88Lexuz、長崎のトラックメイカーPoivreの3名で結成されたユニットDie, No Ties, Flyが、セルフタイトルの4曲入りEPを本日リリース。

 

今作は、徳利、POWER DNA 、MZP a.k.aマジカル頭脳パワーなどにビート提供を行ってきた長崎在住のトラックメイカーの”Poivre”。粗悪ビーツや入江陽などが参加したファーストアルバム『OGGY & THE VOIDOIDS』をリリースしたヤング・キュン(今作にも参加)とのヒップホップユニットOGGYWESTの”88Lexuz”。そして、AIRBOURYOKUCLUBやあべともなり、GAMEBOYSなど擁する〈VLUTENT RECORDS〉の”VOLOJZA”の3名によるプロジェクト。今作ではPoivreが全てのトラックを制作、88Lexuzがラップとミックスとマスタリング、VOLOJZAがラップとアートワークを担当している。

 

この時期に合うメロウとエモーショナルな瞬間、幅広いトラックの印象的なフレーズ、それらに相性よく折り重なるラップが融合し、4曲に濃縮されている。

 

 

Die, No Ties, Fly – “Die, No Ties, Fly”

Release date : 6 November 2020

Stream : https://linkco.re/m5pCSu8d

Bandcamp : https://poivre.bandcamp.com/album/die-no-ties-fly

 

Tracklist

1. MELODY FROM MEMORY

2. SADNESS feat. ヤング・キュン

3. DANGER NICE

4. CANDYPINE

 

All Produced by Poivre

mixed & masterd by  88Lexuz

Artwork by VOLOJZA

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/02/24

Yung Kiss interview

『Z-POP』 – 生活のリアリティと音楽 – more

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more