ENG JPN

The Knifeがデビュー20周年を記念してスペシャルリリースを発表

8月14日リリース

 

 

2014年に惜しくも解散したスウェーデン・ヨーテボリ出身のOlof DreijerとKarin Dreijer Andersson(Fever Rayとしても活動)の兄妹エレクトロニック・デュオThe Knifeがデビュー20周年を記念してスペシャルリリースを発表。

 

まずは2017年の『Live at Terminal 5』をスウェーデン限定リリースに続き、デジタルとフィジカルの両フォーマットで明日ワールドワイドリリース。さらに2003年の長編映画『Hannah Med H』のサウンドトラックもデジタルで明日リリース。そして、これまでの全カタログをストリーミングサービスとBandcamp(Bandcampは明日公開)でリリース。

 

また、今年後半には20周年を記念した特別なイベントも計画されているとのこと。

 

link : https://theknife.net/

 

 

THE KNIFE – “LIVE AT TERMINAL 5”

Pre-order : https://rabid.lnk.to/live-at-t5We

 

 

 

THE KNIFE – “HANNAH MED H (SOUNDTRACK)”

Pre-order : https://rabid.lnk.to/hannah-med-hWe

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/02/24

Yung Kiss interview

『Z-POP』 – 生活のリアリティと音楽 – more

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more