ありふれた感情と言葉|西邑亘弘がデビューミニアルバム『ひとりでに』をリリース

MVも公開中

 

 

京都を拠点に一人で活動し、ライブ経験もまだ無いSSW、西邑亘弘(にしむらのぶひろ)が、デビューミニアルバム『ひとりでに』をリリース。

 

本作品は、宅録、弾き語りを中心に、新世代の精彩放つ全6曲収録。地方色豊かでどこか懐かしさを感じるサウンドと、暖かく余情な空気に包まれる歌声。ありふれた感情とことばで日々の想いを写し出す詩は、いつまでも変わらない「うたの春」を感じさせる。

 

 

西邑亘弘「ひとりでに」

リリース: 2020.5.24(日)

stream : https://linkco.re/mmv37VC5

 

1.春まちとヒュマ

2. サンデーイブニング

3.こっちだよ

4.出町柳ベイベー

5.大丈夫、大丈夫

6.僕らは

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/04/12

「森、道、市場 2024」にてAVYSSプレゼンツ「AVYSS Pack」が開催

5月25日 MORI.MICHI.DISCO.STAGE (遊園地エリア) more

2024/04/08

私達と友人の為の超解放安全空間を目指して|SUBCULTURE interview

レイヴ好き少年2人による幻想成長物語
 more

2024/04/02

『Epoch』を巡るPhoto Dialogue|松永拓馬 interview

自宅、機材、本、母校、シークレットレイヴ
 more