ENG JPN

Kahn & Neekが4年ぶりに新作EP『(Having A Sick Time) In The Mansions Of Bliss』を発表

2月28日リリース

 

 

ブリストルから世界へ鳴り響くミュータントベース。Vessel、Sam Kidel、Killing Soundなど所属アーティストが複数の名義やプロジェクトを使い分け、そのどれもが先鋭的なサウンドを確立しているアーティストコレクティブ〈Young Echo〉。Kahn & Neekもそのメンバーであり、それぞれがソロで活躍し、2015年には来日ツアーも果たしたブリストルサウンドを牽引するデュオ。

 

今回、同じくブリストルのプロデューサーBoofyが主宰する〈Sector 7 Sounds〉から、2016年作のシングル「Armed & Dangerous」以来、約4年ぶりとなる4曲入り新作EP『(Having A Sick Time) In The Mansions Of Bliss』を発表。先行で収録曲「Random Lab」が公開された。

 

Pre-Orderは2月2日からスタート。詳細はこちら

 

 

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2021/06/24

black midiが引率する、2021年の人間たちの 『Cavalcade』(隊列)

9月には東名阪ツアー開催 more

2021/06/17

〈ether〉2020年代型クラブ・オルタナティブの到来

Baby Loci、sudden star、speedy lee genesisによるプレイリスト公開
 more

2021/06/15

会員制クローズド・オンライン・コミュニティ「AVYSS Community」がオープン

限定アパレルのルックを公開 more