ENG JPN

Kahn & Neekが4年ぶりに新作EP『(Having A Sick Time) In The Mansions Of Bliss』を発表

2月28日リリース

 

 

ブリストルから世界へ鳴り響くミュータントベース。Vessel、Sam Kidel、Killing Soundなど所属アーティストが複数の名義やプロジェクトを使い分け、そのどれもが先鋭的なサウンドを確立しているアーティストコレクティブ〈Young Echo〉。Kahn & Neekもそのメンバーであり、それぞれがソロで活躍し、2015年には来日ツアーも果たしたブリストルサウンドを牽引するデュオ。

 

今回、同じくブリストルのプロデューサーBoofyが主宰する〈Sector 7 Sounds〉から、2016年作のシングル「Armed & Dangerous」以来、約4年ぶりとなる4曲入り新作EP『(Having A Sick Time) In The Mansions Of Bliss』を発表。先行で収録曲「Random Lab」が公開された。

 

Pre-Orderは2月2日からスタート。詳細はこちら

 

 

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2021/04/01

AVYSS GAZEとK/A/T/O MASSACREによるハイブリッド・コラボパーティーが開催

リアル、バーチャル、ARが重なり合う more

2021/03/26

奇妙で魅惑的なSmerzのサウンド

最新アルバム『Believer』でコテージコア、テクノラスト、2000年代のラップを融合 more

2021/03/17

留置所を経た唯一無二のスカム・ミューズ|Yoyouが、1st EP『PISS』をリリース

生活と感情、白昼夢のような虚構
 more