Kahn & Neekが4年ぶりに新作EP『(Having A Sick Time) In The Mansions Of Bliss』を発表

2月28日リリース

 

 

ブリストルから世界へ鳴り響くミュータントベース。Vessel、Sam Kidel、Killing Soundなど所属アーティストが複数の名義やプロジェクトを使い分け、そのどれもが先鋭的なサウンドを確立しているアーティストコレクティブ〈Young Echo〉。Kahn & Neekもそのメンバーであり、それぞれがソロで活躍し、2015年には来日ツアーも果たしたブリストルサウンドを牽引するデュオ。

 

今回、同じくブリストルのプロデューサーBoofyが主宰する〈Sector 7 Sounds〉から、2016年作のシングル「Armed & Dangerous」以来、約4年ぶりとなる4曲入り新作EP『(Having A Sick Time) In The Mansions Of Bliss』を発表。先行で収録曲「Random Lab」が公開された。

 

Pre-Orderは2月2日からスタート。詳細はこちら

 

 

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2024/04/12

「森、道、市場 2024」にてAVYSSプレゼンツ「AVYSS Pack」が開催

5月25日 MORI.MICHI.DISCO.STAGE (遊園地エリア) more

2024/04/08

私達と友人の為の超解放安全空間を目指して|SUBCULTURE interview

レイヴ好き少年2人による幻想成長物語
 more

2024/04/02

『Epoch』を巡るPhoto Dialogue|松永拓馬 interview

自宅、機材、本、母校、シークレットレイヴ
 more