ENG JPN

急遽、今週金曜に「CYK feat Beesmunt Soundsystem」が渋谷mitsukiにて開催

11月29日開催

 

 

旧来的な“ハウス・ミュージック・カルチャー“に準拠しつつも、現代的な感覚を取り込み常にアップデートを行っている“コレクティブ”〈CYK〉にアムステルダムのDJ / プロデューサーユニットBeesmunt Soundsystemが再登場。

 

彼らは2018年2月に初来日を果たし、東京と韓国でのギグを〈CYK〉と共にした二人組である。WWWβにおいて行われた東京公演では、彼らの作品にも通ずるような現行バレアリック・サウンドはもちろんのこと、ピークタイムに近づくにつれ、フロアにおいてより機能的なトラックを投下してゆきつつ、アフロなハウス〜ディスコでフロアの爆発を誘っていった。終始BPM120前後でのコシのある力強いグルーヴは、彼らのDJとしての実力の高さが伺い知れた素晴らしい一夜だったはずだ。

 

 

彼らは、Seb Wildblood主催の〈Church〉所属かつ、〈CYK〉常連のNachtbrakerとも同郷という縁深いアーティスト。現在、〈Church〉でのSan Properとの共作、Suzanne Kraftらを擁する新興オルタナティブハウス集団〈Kitjen〉への参加、『Dekmantel』などのビッグフェスティバルの経験を経て、EUを中心に確固たる地位を築きつつある。また、2019年にはHLM38主宰のNotte BriganteからGeneral P.D.Cのリミックスワークとして参加している。

 

愛嬌のある彼らのキャラクターは、パーティーを行う前から素晴らしいその時を約束したようなものだった。その夜は予想以上な素晴らしいセットと共に幕を閉じた。そして今年、一年ぶりに両者が邂逅する。

 

“ハウスミュージックの情熱の中に現行バレアリックの薫りを漂わせるBeesmunt Soundsystemと、ストリートスタイルで10年代以降のハウスを体現するCYKの全速力のパーティーメイクが正面衝突するとき、果たしてフロアを満たすのはジャッキン・ハウスの狂喜なのか、美麗なメロディーの恍惚なのか、はたまたその両方なのか他の何かなのか。答えは東京渋谷は道玄坂の地下mitsukiにて繰り広げられる、6人2組会の現場でのみ体感できるのだ。“(*昨年のCYK feat Beesmunt Soundsystemプレスリリースより)

 

 

CYK feat Beesmunt Soundsystem

11/29(Fri)22:00-5:00

at mitsuki

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目22−12 長島第一ビル B1

Entrance:1500yen

 

<DJ>

Beesmunt Soundsystem (from Amsterdam)

CYK (Nari/Kotsu/DJ No Guarantee/Naoki Takebayashi)

 

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2020/02/19

♡ LOVELESS WITH ROLAND ♡ |ROLANDは愛の救世主

by YUEN HSIEH more

2020/02/04

Rave Traveller in South London

サウスロンドンで見たある夜の思い出
 more

2020/02/02

Dirty K interview

未来から来た印象派
 more