ENG JPN

WWW / WWW X / WWWβ 3フロアを舞台にNew Year Party「INTO THE 2020」開催

12月31日開催

 

 

WWW / WWW X / WWWβ、3フロアを舞台に2020年へと突入するNew Year Party「INTO THE 2020」開催決定。

 

カウントダウンアクトとして、今年8月に1stミックステープ「angel」をリリース、主催パーティ「Platina Ade」「HYDRO」では超満員のオーディエンスをロックし、既成概念を軽々と更新し続ける幅広い活動でユースを中心に圧倒的な支持を受けるラッパー“Tohji”、 そして、今年フジロックのホワイトステージで熱演を見せオーディエンスに深い印象を残し、10月には自主レーベル十三月主催「全感覚祭」の台風による開催中止からわずか数日で「SHIBUYA 全感覚祭」を開催し渋谷の街を熱狂の渦へと巻き込んだオルタナティブロックバンド“GEZAN”が出演。共に今年数多くの熱狂を生み、未知の地平へと歩を進める両者によるカウントダウン・ライブが実現。

 

更に、インドネシアからレイヴ・オルタナ・ハードコアデュオ“Gabber Modus Operandi”、ベルリンを中心にカルト的な人気を博す鬼才DJ“Mr. Ties”、フジロックから小箱まで大小問わずフロアから絶大な信頼を集める“okadada”、早くも名盤の呼び声高い2ndアルバム「VVORLD」リリース後全国ツアーを開催、プロデューサーとしても評価を高める“VaVa”、欧州、アジアにも活動の幅を更に広げ、2019年WWWの幕開けも飾った“¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U”の7組がラインナップ。 ジャンルや国境を超え活躍するアーティストと共に2020年へと突入し、次代のオルタナティブへの希望を見つめるスペシャル・ナイト。出演者第二弾は後日発表。

 

———————————————

 

INTO THE 2020

日程:12月31日(火)

会場:WWW / WWW X / WWWβ

時間:OPEN / START 21:00

チケット:ADV. ¥3,500(税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)

 

LINE UP:GEZAN / Tohji / Gabber Modus Operandi / Mr. Ties / okadada / / VaVa / ¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U / and more

 

チケット発売 : 11月23日(土)10:00~ ※未成年者の入場不可・要顔写真付きID

e+ ※11/20(水)0:00公開 / ローソンチケット[Lコード:75226] / iFLYER / RA

 

公演詳細:https://www-shibuya.jp/schedule/011896.php

 

 

GEZAN

2009年大阪にて結成のオルタナティブロックバンド。 2012年、拠点を東京に移し全国各地で独自の視点をもとに活動を行う。FUJI ROCK FESTIVAL ’19のWHITE STAGEやSXSWなど大型フェスに出場しながら、価値を再考する野外フェスの全感覚祭や、国内外の多彩な才能をおくりだすレーベル・十三月を主催。 最新作はスティーブ・アルビニをプロデュースに迎えて制作された4枚目のフルアルバムをリリース。

 

 

Tohji

ハードとメロウを併せ持つ奔放な音楽性で、東京のユースを中心に熱狂的な支持を集める。2018年末、主催するコレクティブ「Mall Boyz」としてepを発表。収録楽曲がストリーミングプラットフォームの公式プレイリストに多数ピックアップされ、2019年にリリースしたシングル「Rodeo」は「SoundCloud Japan All genre music chart」で1位を獲得。同年3月には渋谷WWWにて主催イベント「Platina Ade」を実施し、550人のオーディエンスを集め動員記録を更新。6月にはULTRA KOREAへ出演するなど、その勢いは留まることなく、さらに大きなステージへと向かっている。8月には制作やライブ出演を兼ねたロンドン滞在を予定している。8/9にはNTS Radioで自主企画の放送、8/16にはパーティークルーEastern Mergins主催のサウンドクラッシュにヘッドライナーとして参加するなど、今後の展開にも目が離せない。

 

 

Gabber Modus Operandi

Gabber Modus Operandiは、バリ島デンパサールで開催されたアンダーグラウンドのパンク・コンサートでDJ /プロデューサーKasimynとアーティスト/ファッション・デザイナーIcan Haremの偶然の出会いによって生まれたデュオ・プロジェクト。彼らの実験はガバ、伝統的なジャティラン、ローカルのポップ・ミュージック”ダンドゥット・コプロ”、エベッグ・ダンス、ファンコット、シカゴ・フットワーク、グラインド・コア、ノイズ、そしてインドネシアの小さな町町に根付く疎外されたコミュニティ・パーティから生まれるエネルギーと強さに取り憑かれ、始まることとなる。 〈Yes No Wave Music〉からデジタル・フリー・ダウンロード用にリリースされたデビューLP「PUXXXIMAXX」、そして2019年に上海の最高峰のレーベルでもある〈SVBKVLT〉から「HOXXXYA」が続き、2018年ジャカルタのNusasonicフェスティバルに始まり、CTM Festival 2019(ドイツ)、Dark Mofo 2019(タスマニア)、Nyege Nyege Festival(ウガンダ)、Soft Center(オーストラリア)、Unsound (クラクフ)に出演、ヨーロッパでもデビューを果たす。 NTS Radio(Meuko Meukoホスト)、FACT Mag、Boiler Room’のHard Danceでミックスも提供しまている。

 

 

Mr. Ties

Mr. Ties (Homopatik)

Mr. Tiesは、南イタリアの小さな港町ジョヴィナッツォ出身で、現在はベルリンを拠点に活動するDJだ。彼は3台のターンテーブルを操り様々なスタイルやジャンルを組み合わせ、時に8時間以上もエネルギーをキープする力に満ち溢れながら、ダンスフロアにマジックをかけ続け、一歩一歩確実にDJとしての地位を高めてきた。 2010年にベルリンでDanilo Rosatoと共にスタートさせたパーティー『Homopatik』はベルリンで人気のヴェニュー://about blankで定期的に開催され、陽気で高揚感溢れる彼の音楽とマッチしたフリーダム全開な雰囲気は先鋭的なベルリンの多くのクラバー達に親しまれてきた。現在は://about blankでのマンスリーレジデントは終了しているが、『Homopatik』は現在も国内外の会場にて時にスペシャルなゲストを招き、時にMr. Tiesのオールナイトロングセットが披露される場としてマイペースに機能している。生粋のパーティーピープルからクラブビギナーまで、すべてのクラウドを惹きつけてやまない、その破天荒でフリーキーな存在感は、「新世紀のLarry Levan」とも称されている。

 

 

okadada

DJ/producer。東京、関西に限らず全国各地、多岐にわたるパーティーでDJとして出演し、ネットレーベル「maltine records」やbandcampで楽曲をリリース。tofubeatsとのユニット「dancinthruthenights」としても極稀に活動中。大規模な都内のクラブや「lost decade」「LESS」「AUDIO TWO」「now romantic」といったレギュラーパーティーから、大小、場所問わず野外フェスからコアなパーティーへの出演等、前例に無い幅広く活動し各所に存在。2018年末には代官山UNITでの単独ロングセットを成功に収めた。その他各種コンピレーションやRed Bullへの楽曲提供、FPMのMegamix、ZEN-LA-ROCK、韻踏合組合、夢眠ねむ、ディスク百合おん、小泉今日子、早見優等のRemix、雑誌ユースカへの執筆、スペシャの番組でカラオケ等、様々に活動。

 

 

VaVa

2013年にビートメイカーとして、「Blue Popcorn」、2016年「Jonathan」と2枚の作品を発表。 またTHE OTOGIBANASHI’Sのアルバム「TOY BOX」や「BUSINESS CLASS」でも数々の楽曲プロデュースを担当。2017年、VaVa自身による全曲フル・プロデュースの1st ラップアルバム「low mind boi」をリリース。 その他にも、BIM、KID FRESINO、kZm等のヒップホップ・アーティストをはじめ、平井堅「魔法って言っていいかな?」のRemixや、サニーデイ・サービス「Tokyo Sick feat. MARIA VaVa Remix」を手掛けるなど、 幅広いアーティストからも高い支持を受けている。そして2019年2月ソロとしての2ndアルバム「VVORLD」を発表した。

 

 

¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U

2008年SPINNUTSとMITSUKI主催KUHIO PANICに飛び入りして以降DJとして活動。 naminohana records主催THE NAMINOHANA SPECIALでのKEIHIN、DJ NOBUとの共演を経て親交を深める。2014年春、千葉FUTURE TERRORメインフロアのオープンを務める。2015年、goatのサポートを数多く務め、DOMMUNEにも出演。PAN showcaseではLee GambleとBTOB。Oneohtrix Point Never大阪公演の前座を務める。2016年ZONE UNKNOWNを始動し、Shapednoise、Imaginary Forces、Kamixlo、Aïsha Devi、Palmistry、Endgame、Equiknoxx、Rabitを関西に招聘。Arca大阪公演ではArcaが彼のDJ setの上で歌った。2017年、2018年、2019年と3年続けてBerlin Atonalに出演。2018年からWWWにて新たな主催パーティー『TRNS-』を始動。Tasmaniaで開催されたDARK MOFO festivalに出演。BLACK SMOKERからMIX CD『Lazy Rouse』『Remember Your Dream』を、イギリスのレーベルHoundstoothのA&Rを手掛けるRob BoothによるMIXシリーズElectronic ExplorationsにMIXを、フランスのレーベルLatencyのRINSE RADIOのshowにMIXを、CVN主催Grey Matter ArchivesにAutechre only mixを、NPLGNN主催MBE seriesにMIX TAPE『MBE003』を、それぞれ提供している。

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2020/03/31

Ill Japonia interview

新しいペルソナ、心の箱庭、ロンドンの現状、変革期の先の進化に向かって
 more

2020/03/24

CVNと玉名ラーメンによる韓国・ソウルツアーの様子を収めたドキュメンタリー映像が公開

ディレクションはHana Watanabeが担当 more

2020/03/23

リョウコ2000 interview

HARDCORE WILL NEVER DIE
 more