ENG JPN

Koeosaemeのニューアルバム『OBANIKESHI』が本日リリース

Aylu、atnr、El Murkiが参加。

 

 

日本を拠点にするサウンドデザイナーRyu YoshizawaのプロジェクトがKoeosaemeである。2017年にSeth GrahamとKeith Rankin (Giant Claw)が主宰を務めるOrange Milkからカセットアルバム『Sonorant』をリリース、2018年にはDavid M. Romero主宰のバルセロナのレーベルangoisseより『Float』をリリースしている。

 

そして本日、Koeosaemeのニューアルバム『OBANIKESHI』がOrange Milkからリリースされた。ブエノスアイレスのプロデューサーAyluをはじめ、El Murki、atnrなどがアルバムに参加。インタビューでも影響源として語っていた「ホラー映画」のワンシーンを切り取ったかのような唐突な展開の連続、グロテスクな音が次々と襲いかかってくる。

 

アルバムはレコード/デジタルでリリース。購入はこちらから。また、KoeosaemeはCVNとの北米ツアーも来月に控えている。

 

 

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2021/09/14

JUMADIBA Interview|自分らしく、地図を広げて

“自分だからこそできることをやる” more

2021/08/27

〈Mizuha 罔象〉がコンピレーションアルバム『Biosphere』を発表

人類誕生前の地球の記憶 / 再構築されるノスタルジア
 more

2021/08/17

RIA interview

9つのテーマについてのQ&A more