ENG JPN

新世代フリーレイヴパーティー「FREE RAVE」が再び

スケールを拡大し、WWW Xにて開催。

 

 

昨年WWWβにて開催された現行レイヴを更新するエントランス・フリーのレイヴ・パーティー「FREE RAVE」がスケールアップして帰ってくる。

 

パリのハードコア・パーティCasual Gabberzの一員Von Bikräv、国内からは生粋のハードコアDJ MIDI War、関西からMIDI-saiの代表でも知られるKA4U、都内の様々なパーティに出演するokadada、テクノを軸にパーティ・ハードなDJとして躍進を続けるMari Sakurai、そしてnoripiとピアノ男の高速変造RAVEユニットであるリョウコ2000が、WWW Xにて迎えてくれる。速いキックを我々にください。

 

また、物販やアミューズメントな仕掛けも満載の追加ラインナップや情報も後日発表となる。以下は前回の様子。

 

View this post on Instagram

#FREERAVE @wwwb_shibuya #Tokyo

A post shared by melting bot (@meltingbot) on

 

info

 

春乱漫!「馬鹿のひとつ覚えみたいな音楽でスポーツのように踊り続けたい」そんな願望を実現すべく、昨年WWWβにて開催され現代”レイヴ”へ一石を投じたエントランス・フリーのレイヴ・パーティ「FREE RAVE」がパリのハードコア・パーティCasual GabberzのVon Bikrävを迎え、スケールを拡大してWWW Xにカムバック。先着でオリジナル・ホイッスル・プレゼント!

 

90年代リヴァイヴァルを起点に音楽、アート、ファッションにまで及び、インターネットを経由し若年層の間で新しい潮流として活性化するポスト・レイヴ・カルチャー。デジタルによってもたらされる新感覚のオマージュ、抽象、融合を繰り返し、多様なスタイルへと移り変わる現代のレイヴへ一石を投じる本パーティ。昨年冬に開催され、WWWβの最大集客数を記録した「FREE RAVE」が会場をWWW Xに移し、さらなる進化を遂げる。

 

今回はスペシャル・ゲストとしてインターネット世代向けを標榜したハードコア・パーティを開催し、話題を集めるパリ拠点のガバ・クルーCasual Gabberzの一員Von Bikrävが待望の日本初上陸。国内からは昨年代官山UNITにてオープン・トゥー・ラストを成功に納めたokadada、関西のロング・ラン・パーティMIDI-saiの代表でも知られるKA4U、フロアをシバき回す生粋のハードコアDJ MIDI War、パラパラもルーツとし、前回のFREE RAVEで熱狂をもたらしたMari Sakuraiと、noripiとピアノ男によるリョウコ2000が装いを新たに再び出演。日常の芸術化を試みる美術作家、本イベントの主宰者でもあるuraunyが普段とは違った各々のセットで”レイヴ”を掘り起こし、前回同様にスカイダンサーを使った作品と共に来場者が踊り続ける。圧倒的なフィジカルを追求した享楽へと回帰する次世代のレイヴ・パーティーが実現する。物販やアミューズメントな仕掛けも満載の追加ラインナップや情報も後日発表。

 

FREE RAVE

2019/04/06 sat at WWW X

OPEN / START 24:00

ENTRANCE FREE (+1D*)

 

Von Bikräv [Casual Gabberz / Paris]

okadada

MIDI War

KA4U [MIDI-sai]

Mari Sakurai

リョウコ2000

+ more TBA

*入場の際にドリンク代¥500頂きます / ¥500 charged for a drink ticket at entrance

未成年者の入場不可・要顔写真付きID / You must be 20 or over with Photo ID to enter.

 

 

Von Bikräv [Casual Gabberz / Paris]

Casual Gabberzの一員として活動するパリ拠点のプロデューサー/DJ。

Casual Gabberzはパリの文化への理解やその他のさまざまなカルチャーの影響の元、自らのパーソナルな”フレンチ・タッチ”を足すことで、ノスタルジックだけでは収まらないガバの新しいインスピレーションを生み出している。 2013年に設立され、Paul SeulEvil GrimaceVonBikrävAprile、そしてClaude Murdesの5人で構成され、奇妙な名を持つメンバーはパーティやコンサートをオーディエンスのための逃避とし、その解放へのパフォーマンスと共に数多くの音源やコンピレーションもリリースもするレーベルとしても活動をしている。

 

 

 

 

okadada

DJ/producer。東京、関西に限らず全国各地、多岐にわたるパーティーでDJとして出演し、ネットレーベル「maltine records」やbandcampで楽曲をリリース。tofubeatsとのユニット「dancinthruthenights」としても極稀に活動中。大規模な都内のクラブや「lost decade」「LESS」「AUDIO TWO」「now romantic」といったレギュラーパーティーから、大小、場所問わず野外フェスからコアなパーティーへの出演等、前例に無い幅広く活動し各所に存在。2018年末には代官山UNITでの単独ロングセットを成功に収めた。その他各種コンピレーションやRed Bullへの楽曲提供、FPMMegamixZEN-LA-ROCK、韻踏合組合、夢眠ねむ、ディスク百合おん、小泉今日子、早見優等のRemix、雑誌ユースカへの執筆、スペシャの番組でカラオケ等、様々に活動。

 

 

 

MIDI War

2004年、大阪を拠点に活動開始。Hardcore TechnoDrum`n BassJUNGLEBreakcoreDubstepGrime等でDJに乗せてのマイクパフォーマンスを行い、そのハードコアに傾倒した過激なスタイルが評判を呼び、年間80本以上と精力的にパーティ出演をこなし、瞬く間に日本全国からオファーを受けるようになる。2007年、東京に拠点を移し、Superbad MIDI Breaksに参入。また、2度の出産、育児を経てDJスタイルに転向。2012年、Superbad MIDI Breaksのメンバーとともにハードコアテクノパーティー“TOTAL DESTRUCION”始動、Lenny DeeAKIRADrokzHellfishThrasherDrumcorps a.k.a Aaron SpectreBong-Raをはじめ数々の海外アーティスト来日をサポートし、レジデントDJとして出演。同年レーベルとしても本格的に始動し、海外のアーティストを中心に音源をリリース。201811月に11年間所属していたSuperbad  MIDI Breaksを脱退。個人として音楽活動を開始。GabberTerrorcoreUK HardcoreSpeedcoreFrenchcoreRaggacoreBreakcore等を軸にアーメン、ガバキック、ヘビーベースでフロアをシバき回す様は圧巻である。

 

 

KA4U [MIDI-sai]

DJする時だけは自由を許されるSRAVEスタイルシーンで奴隸の枠に留まらず、奴隸舞CORE~ドレジャングル~奴RECTROなどのOLSKOOLGABBER菊を添えたプ隸で、ACID隸極まったクラウ奴から絶大な信頼とエントランス料金を得る。2000年から続くMIDI_saiDOREGANIZE。そして日本史上初となる新元号[隸舞 ()]へまたぐ、7hours LONG SETを平成最終夜4月末日から披露する予定だ。

 

 

 

Mari Sakurai

東京を拠点にシーンの最深部からBoiler Room TokyoDJ Nobuの新パーティー〈GONG〉、野外パーティー〈rural〉などへも出演。近年は海外でもプレイし活動の幅を広げている。2019年は強さをテーマに性別や人種、国籍や音楽のジャンルまで様々なボーダーを取っ払い誰もが楽しめる場を目指す新パーティー〈KRUE〉を始動。

 

 

 

リョウコ2000(noripi & ピアノ男)

 

 

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2019/10/21

OGRE YOU ASSHOLE interview

聴かれることを想定していないアルバム
 more

2019/10/10

Dasychira & Yikii interview

自分の秘密や真実に立ち向かう儀式
 more

2019/10/07

「AVYSS 1st Anniversary at WWW / WWWβ」photo

Thank you so much!! more