ENG JPN

「Meakusma Showcase in Osaka」開催

SUGAI KEN、Ryo Murakami、YPY 、7FO出演。

 

 

EM Recordsと、YPY/西川文章/IKU SAKANによって設立されたスタジオICECREAM MUSICの共同主催でMeakusmaのショーケースが大阪で開催決定。ゲストにSUGAI KENを迎え、Ryo Murakami、YPY、7FOと豪華なラインナップだ。

 

以下、info

 

Meakusma(ミアクスマ)はベルギーの小都市オイペンを拠点にするインディペンデント音楽レーベルだ。この小さなレーベルが情熱を傾けて主宰する<ミアクスマ・フェスティバル>は、決してセレブ招致に重きを置かず、心憎いほどのアーティスト選別眼と審美眼をそなえ、スタッフ良し、オーディエンス良し、環境設備良しという三拍子揃った音楽フェスとして出演者と観客の双方向から評判となり、心からの音楽好きが集う場として、近年のお祭りフェス流行の中では異色で突出した存在となっている。

 

今回、そんなミアクスマの主催者達をベルギーから迎え、日本のアーティストとの交流イベントを大阪と東京で開催する。メインはこの大阪編で、YPY/西川文章/IKU SAKANによって昨年設立された創作スペース、ICECREAM MUSICと地元大阪のエム・レコードとの共同開催。ゲストにSUGAI KEN(RVNG/EM)を招聘し、Ryo MurakamiとYPYと7FOが共演するスペシャルな一夜となる。これから大阪音楽シーンの新たな発信源となりそうな北加賀屋の新スポット、通称「音ビル」で開催!

 

=ミアクスマ・ショーケース in 大阪=
日時:2019年4月13日(土)
会場:音ビル1F (Oto Building 1F)
住所:大阪府大阪市住之江区北加賀屋5丁目5番1号
四つ橋線「北加賀屋駅」より徒歩約7-8分
(アクセス地図:https://goo.gl/maps/PMqroTr1hrL2
Walk from Kitakagaya Station, the Osaka Metro Yotsubashi Line
(Access map:https://goo.gl/maps/PMqroTr1hrL2
OPEN 18:00 CLOSE 22:00
前売予約 ADV:¥2500 (D別) 当日 DOOR:¥3000 (D別)

 

■ご予約方法
以下にお名前と人数をメールで申し付け下さい。
order@emrecords.net

 

■LIVE
SUGAI KEN (RVNG/EM)
Ryo Murakami
YPY (Nous/Where To Now?/EM)
7FO (RVNG/EM/Bokeh Versions)

■DJ
Meakusma DJs

 

 

SUGAI KEN
日本の夜を想起させる独特なスタイルを軸に、国内のコアな俚伝をギミカルに電化させるトラックメーカー。2017年作『不浮不埋 UkabazUmorezU』が国際的な評価(Pitchfork等)を獲得。2016年作『鯰上 On The Quakefish』はリプレスもレーベル元で完売。日本屈指のレーベル〈EM Records〉からの作品『如の夜庭 Garden in the Night (An Electronic Re-creation)』により世界中のコアなリスナーとコネクト。LOS APSON?の2014&2016~2018年間チャートに作品がそれぞれランクインし、Fabriclive(UK)への楽曲提供も 行った。また、BBC Radio、NTS Radio、Red Bull Radio等世界中のラジオ局にて頻繁に楽曲が使用されている。Solid Steel(Ninjatune)シリーズにRob Boothを唸らせた不思議なmixを提供。昨年のEUツアー(by RVNG Intl.)ではCafe OTO(UK)公演がsold outになる等、注目度の高さをうかがわせ、全13公演(6ヶ国)にてその独自性を遺憾なく発揮した。(ツアー期間中、Worldwide FMにてインタビューも収録) 国内外からの依頼多数により、現在複数のリリースを控える。尚、現行シーンでの活動と並行し、国内の郷土芸能アーカイヴプロジェクトに複数携わる等、亜種 な活動を兀兀と展開中。

 

 

Ryo Murakami
2006年頃より楽曲をリリース、ライブ活動を開始。2013年、自身のレーべル”Depth of Decay”を始動、ファーストアルバム”Depth of Decay”を同年7月にリリース。以降、sludge-tapes、Meakusma、Bedouinよりセカンドアルバム「Deist 」、3rdアルバム「Esto」をリリース。2018年はSvreca主宰のSemanticaより、カセットのリリース。2013年〜2018年までVinyl&カセットでリリースされた全てのアルバムが、Kyou RecordsからCD版で再発され、8月には、ニューアルバム「Sea」をDepth of DecayよりLPにてリリースした。

 

 

YPY
日野浩志郎によるソロプロジェクト。カセットテープレーベルbirdFriend主宰。「goat」「bonanzas」というバンドのプレイヤー兼コンポーザーであり、クラシック楽器・電子音ハイブリッド大編成プロジェクト「Virginal Variations」、10台以上のスピーカーや移動する演奏者を混じえた全身聴覚ライブ「GEIST(ガイスト)」の作曲、演出を行う。これまでNous、EM Records、Where To Now?、TALなどから作品を発表している。

 

 

7FO
2010年から活動する電子音楽家。数枚の自主リリース、アート展示での環境/効果音等の制作を経て、2016年にニューヨークのRVNG Intl.傘下レーベルからアルバムを発表。続いて英Bokeh Versionsなど海外レーベルの依頼で作品を発表し、ハイエンドなアーティスト達から絶対的な評価を受ける。その動向に熱い注目が集まる中、2018年9月にエム・レコードから新作『竜のぬけがら』をリリース。スタジオ作家に思われがちだが、ライブ演奏にも定評がある。

 

 

Meakusma DJs (aka the Meakusma Soundsystem)

 

 

category:NEWS

tags: / / / / / /

RELATED

FEATURE

2019/08/20

QUALIATIK interview

日本を含むアジアツアーが決定。 more

2019/07/29

Cairophenomenons interview

心地良さの中に潜む奇妙な違和感。 more

2019/07/24

Teen Runnings interview

「最高の夏休み」
 more