ENG JPN

Discwoman初来日|ショーケース開催決定

コレクティブDiscwomanのショーケース開催。Umfang、mobilegirl、DJ Haramを迎える。

 

 

ついに日本でDiscwomanのショーケースがWWW Xで開催される。2年半前にあのバックパックを購入したときは、まさかこうして「コレクティブ」としてショーケースが日本で開催されるとは思わなかった。しかし、それは必然であったのだと思う。彼女達の意思、提案、そして音楽は、世界中で共有され、必要とされ、アンダーグラウンドを超えて大きなプラットフォームとなった。

 

今回のジャパンショーケースは、共同設立者であるNYのUmfang、ベルリンを拠点にするmobilegirl、フィラデルフィアを拠点にする700 BLISSの片割れであるDJ Haramの3組を迎える。

 

イベント詳細はこちら

 

 

-以下、info-

 

『WHEREABOUT feat. Discwoman Showcase』

w/ Umfang、mobilegirl、DJ Haram

 

2018/11/24 sat at WWW X

OPEN / START 23:30

ADV ¥2,300 / DOOR ¥3,000 / U23 ¥2,000

Early Bird ¥1,800 @RA *limited 1週間限定(11/1まで)

Umfang

mobilegirl

DJ Haram

+ more

 

 

“お互いを高め合う”新しい多様性へと突き進み、最も注目されるNYのコレクティブDiscwomanがUmfang、mobilegirl、DJ Haramを初来日で迎え、テクノ/ハウス、エクスペリメンタル・クラブ、ベース・ミュージックにまで及ぶ新感覚のショーケースを開催。1週間の限定早割も販売開始!

 

第1回のCYK feat. Baba Stiltzに続き、WWW Xを舞台としたクラブ・ナイト〔WHEREABOUT〕の第2回が世界で最も注目されるコレクティブ、NYのDiscwoman (ディスクウーマン)のショーケース・ナイトとして開催決定。Discwomanは、フランキー・ディカイザ・ハッチンソン、エマ・バージェス-オルセン(aka Umfang)、クリスティン・マッカーレン-トランの3人によって設立され、これまでのエレクトロニック/ダンス・ミュージック・シーンにおけるジェンダーの問題を提起しながら女性アーティストやLGBTQのアーティストを積極的にサポートするニューヨーク拠点のプラットフォーム、コレクティヴ、ブッキング・エージェンシー。DJやプロデューサー、またエレクトロニック・ミュージックに関わる総合的なクリエイターたちにとってのより良い未来のシーンを創るべく活動し、従来的(旧来的)な仕組みやプロセスを打開し、自由や多様性を尊ぶ新たな存在として国際的な注目を集めている。元は2014年にブルックリンのヴェニューBossa Nova Civic Clubにて開催された2日間のフェスティバルから始まり、これまでに250人以上のDJとプロデューサーが参加、15カ国以上の都市でイベントのキュレーションとプロデュースを行い、現在下記のDJ/プロデューサーがエージェンシーに所属し、世界に新しい才能を発信している。

 

Umfang [Discwoman / from NYC]

 

Discwomanの共同設立者であり、ブロンクスで生まれ、カンザスで育ち、2010年からブルックリンに住んでいる。ホームのBossa Nova Civic Clubでは新しい才能にフォーカスしたマンスリーのレジデント〔Technofeminism〕を開催し、人々によって予測されるテクノがどう定義されるのかを楽しんでいる。90年代のサウンドの下地に、アシッドやポリリズムを用いたハードウェアなテクノ作品で2015年に〈1080p〉からEPデビューを果たし、2017年に〈Ninja Tune〉より発表した。

 

mobilegirl [Discwoman / from Berlin]

 

ベルリンを拠点とするミュンヘン生まれのプロデューサー/DJ。デザインとコンピューター・サイエンスを含む過去の研究により音楽内外から生まれる折衷主義で注目され、わずか3年でベルリンのエレクトロニック・ミュージック・シーンにおいて最も有望な若手アーティストの一人となる。DJセットでみせる2000年代初頭のRnBソングの独特なエディットで新しいカオスと折衷的なセレクションによって化学反応を生み出し、その斬新なコラージュ的なミックス・スタイルは”脱構築”とも呼ばれている。2017年の秋にストックホルムの新鋭〈Staycore〉からデビューEP「Poise」をリリース、DJセットの高いエネルギーに反するように、より静かでエモーションに訴えるようなメロディックな作品になっている。

 

DJ Haram [Discwoman / from Philadelphia]

 

ニュージャージー出身、現在フィラデルフィア拠点とするDJ/プロデューサー。ジャージー、フィリー、ボルチモアといったバウンシーなベース・ミュージックを軸に、自身のルーツである中東のダンス・ミュージックノイズや実験的なサウンドを織り交ぜる独自の多彩なスタイルを築き、Moor Motherとのラップ・ユニット700 BLISSの片割れとしても知られている。2017年の春、Richard Siegalのミュンヘンに拠点を置く近代的なダンス・カンパニー「Ballet of Difference」のデビューツアーのためにオリジナルのスコアを作り、Redbull Music Academyのベース・キャンプに2017年の夏に参加。その一方で地元のフィリーではシリージのファンド・パーティ〔(f)LAWLESS〕、マンスリーのライブ/DIYヒップ・ホップ・ナイト〔GAS〕、マンスリーのラジオ番組「RAGE RADIO」をキュレートし開催している。またこれまでにMoMa Ps1のサンデー・セッションズとFringe Arts Festival Philadelphiaのイベントを企画、2017年の夏/秋に北米とヨーロッパをツアーを行い、最近ではUnsound、MoMa Ps1 Warm Up、Bonnaroo、De School、Creamcake Berlin、Razzmatazz Barcelona、Damas Lisbon、Paradox Baltimore、GHE2OG0TH1K、New York City、Club Chai Oakland、Drake Hotel Toronto等に出演を果たしている。

 

category:NEWS

tags: / / /

RELATED

FEATURE

2019/07/29

Cairophenomenons interview

心地良さの中に潜む奇妙な違和感。 more

2019/07/24

Teen Runnings interview

「最高の夏休み」
 more

2019/07/18

『far go』by Norihito Hiraide

CVN / Koeosaemeの北米ツアーでNorihito Hiraideが撮影した景色。 more