私達と友人の為の超解放安全空間を目指して|SUBCULTURE interview

レイヴ好き少年2人による幻想成長物語

 

 

──まずは自己紹介をお願いします。

 

ワイルドなファッション、ファンタジーの世界、ゲーム文化、実験的な音楽を愛する8年来のボーイフレンド、Tyler ShepherdとGannon Baxterによってロサンゼルスで設立されたマンスリーパーティー&フェスティバル〈SUBCULTURE〉です。

 

 

 

 

──あなた達の歴史を教えてください。どのように始まり、今に至るのか。

 

元々、誰もプレイしていない音楽を聴くためのスペースと、クレイジーな服を着ても他人に批判されないスペースが必要だったという純粋なニーズから設立されました。私たちは、たとえ一晩であっても、私たちと友人たちがファンタジーの世界で解放される場所を求めていた。最初のパーティーは、実はタコスレストランだったんです。レストランの営業が終わるのを待って、店内に入り、壁一面にファンタジーのバックドロップを吊るし、小道具や照明をセッティングして、一晩中自分たちが映し出したい世界に変えていいった。そうしてるうちに、私たちの集まりを見つけた人たちがファミリーに加わり、コミュニティは、愛に溢れ、創造的で、アーティストや私たちの活動を愛する人々によって盛り上がり、成長し始めたのです。

 

 

 

 

 

──パーティーのテーマやコンセプトを聞かせてください。

 

4月20日のKYUNDESUとのショーでは、東京クラブキッズのニューエイジバイブスと、ロサンゼルスのアンダーグラウンドレイバーたちのニューウェーブを融合させ、何かユニークなものを届けたいと思っています。SUBCULTUREとKYUNDESUは神秘的な呪文を唱え、〈KyunCult〉を召喚します。渋谷のファンタジープレイグラウンドで、アンダーグラウンドの音楽を聴きながら現実逃避するワイルドなカルチャーのために。

 

 

 

 

──Subcultureはパンデミックによって大きな注目を浴びるようになったように思います。得たものや、または失ったものはありますか?

 

パンデミックが起こったとき、私たちは全てが終わったと思いました。諦めて、新しい仕事を見つけ、人生をやり直そうとした。でも幸運なことに、親しい友人がオンライン・パーティーを開くというアイデアをくれたんです。当時、私たちはそれほど大きなショーではなかったけれど、それをやってみる価値はあると思った。最初のオンライン・パーティーの後、ある女の子が私たちがやっていることをTikTokで紹介したんだけど、それが300万回以上再生されてスーパーバイラルを起こしたんです。突然、いろんな人が私達のオンライン・ショーに参加する方法を聞いてきて、そこから熱狂が始まりました。いつの間にか、メジャーな音楽系企業やメディアが、私たちの好きなアーティストのリリース・パーティーやデビューを主催してくれるようになり、私たちの夢を後押ししてくれました。このようなことが起こったこと全てに感謝しています。

 

 

 

 

──クィアフレンドリーな空間を作るために心がけていることはありますか?また、それに伴う課題はありますか?

 

私たちが世界に発信するSubcultureの声は不真面目なものなんです。大企業でもないし、レイヴが大好きな2人の少年です。バッドヴァイブスは玄関に置いていくべきなんて、一度も言ったことはないけど、皆はそのメッセージを理解してるようです。なぜなら私たちのコミュニティは、シーンに参加したい人なら誰でも歓迎する安全な場所になっているからです。私たちはサブ・ファミリーを愛しています。

 

 

 

 

──将来のヴィジョンについて聞かせてください。

 

現在、私たちはロサンゼルスとニューヨーク、そして東京で2回だけショーを開催していますが、私たちのファンは他の多くの都市や国でもこのような安全な空間を望んでいます。理想を言えば、私たちが毎月やっているように、彼らが自分らしくいられる場所を持ち、素晴らしい音楽や新しいアーティストを聴き、ファンタジーを生きることができるように、このイベントを様々な場所で開催できるようにしたいです。

 

 

 

 

──First, introduce yourself for AVYSS.

 

We are Subculture, a Los Angeles founded monthly party & festival created by Tyler Shepherd & Gannon Baxter, two boyfriends of 8 years with a love of wild fashion, fantasy realms, video game culture, and experimental music.

 

 

 

──Tell me your story. Please tell me how it all started and how it has come to this point.

 

Subculture was originally founded purely out of our need for a space to listen to the music nobody was playing, and a space to wear something crazy and not be judged by others. We wanted a place for us and our friends to let loose in a fantasy realm, even if just for one night. Our first party was actually in a Taco Restaurant. We used to wait for the restaurant to finish operating, and then we’d go in there and hang fantasy backdrops all over the walls, set-up props, lighting and turn it into the world we wanted to project for the night. It wasn’t long until others began to discover our gatherings, and they joined the family and our community began to flourish and grow with loving, creative, artists and individuals who loved what we did.

 

 

 

──Do you have a concept or theme for the party?

 

For our April 20th show with KyunDesu, we wanted to bring the new age vibes of Tokyo Club Kids and merge them with the New Wave of Los Angeles Underground ravers to bring something unique. Subculture & KyunDesu are casting mystical spells, to summon…. the KyunCult. A fantasy playground in Shibuya, for the wild ones to come out and escape reality for the evening listening to the music of the underground that fuels the culture.

 

 

 

──I had seen Subculture Party seem to have received a great deal of attention due to the pandemic.  What was gained or lost in the pandemic?

 

When the pandemic hit, we thought it was all over. We were ready to give up, and try to find new jobs and go on with our lives. Luckily, a close friend of ours gave us the idea of throwing online parties. At the time, we weren’t a very big show, but we thought it was worth a shot. After our first online party, a girl made a TikTok about what we did, and it went SUPER viral with over 3 million views, suddenly everybody was asking how they join this online show and the craziness began. Before we knew it, major Music and Media companies were reaching out to us to host release parties and debuts for some of our favorite artists and it really kick-started our dreams. We’re so grateful. for everything and how it happened.

 

 

 

──Is there anything you try to do to create a queer friendly space? And are there any challenges that come with it?

 

The Subculture voice, that we cast out into the world, is an un-serious one. We’re not a mega corporation, we’re just two boys with a love for raving. Bad vibes need to be left at the door, we’ve never exclusively said that, but it seems like our following understood the message because our community has become such a welcoming safe space for anybody who wants to join the scene. We love our Sub Family!!

 

 

 

──Tell me about your vision for the future.

 

Currently, we only throw shows in Los Angeles, New York, and now Tokyo 2 times; but our following really wants a safe space like this in many other cities and countries. Ideally, we hope to be able to bring this to many different places so that they can have somewhere to be themselves, listen to awesome music and new artists, and live their fantasies like we do every month. 🙂

 

Gannon Baxter & Tyler Shepherd

category:FEATURE

tags:

RELATED

FEATURE

2024/05/20

〈AVYSS Circle 2024〉追加出演者発表

NIGHTのTHREEにショットライブ追加 more

2024/05/09

下北沢にて2年ぶりのカムバック|サーキットイベント〈AVYSS Circle 2024〉開催

6/8(土) 4会場5フロア|AVYSS Cupも同時開催 more

2024/05/08

行こうぜ、日本!|KARAN! & TToten interview

ブラジリアンファンクは愛、音楽、ダンス、全て幸福に繋がる
 more