Dos Monosが『大ダーク』の世界観を再現したコラボ映像を公開

「スポンジ バンッ バンッ」監修

 

 

Dos Monosが先週金曜日に発売した林田球が描くSF大宇宙漫画『大ダーク』の最新第7巻の発売に合わせて作品の独自の世界観と音の再現をコンセプトに制作した楽曲を活用したコラボ映像が公開。

 

 

CREATIVE SAMPLING COLLECTIVE「スポンジ バンッ バンッ」監修の元、作中に登場する擬音に注目し 「闇の斧」や「ハイ爆死」、「光核人間マグマライドンの光の攻撃音」など11種もの音を現実の環境音で再現・構 築した楽曲をDos Monosが制作。漫画の混沌とした世界観と音楽が有機的に融合した異例のコラボーレーション作品となっている。

 

 

なお昨年突如として「第一期」の活動終了を宣言したDos Monosは現在「第二期」の始動を準備中、本楽曲はバンドとしての新しい音楽性を感じさせるインストゥルメンタル音源になっている。

 

▼Dos Monos第一期終了、第二期始動。

https://x.com/ZoZhit/status/1651788987458256897

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/02/28

リマの17才は夢を見る|Acid Stereo interview

ベッドルーム・レゲトン・パンクス more

2024/02/23

音楽の作り方も作りたい|Hyu interview

迷宮作品群を解読するコンピレーション
 more

2024/02/06

20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge more