33EMYBWに7つの質問|最新作『Holes of Sinian』のフラクタルな道筋を語る

人間以外の視点から生と死の進化

 

 

上海の気鋭レーベル〈SVBKVLT〉所属のアーティスト、33EMYBWのニューアルバムが先日リリースされた。Marina Herlop、Batu、Forrest Gander、oxi pengとのコラボレーション作も収録されている本作は、生命の神秘と偶発性から着想を得つつ中国をはじめとした様々な伝統音楽、民族音楽のエッセンスが越境しあう混然一体としたサウンドとなっている。創造性を搔き立てる特徴的なリズム感、妖異な生命体のモチーフなど先覚的なモチーフを携えながら制作やパフォーマンスを行い、HyperdubのIkonikaやHakuna KulalaのDon Zillaらの参加で話題を呼んだ過去作『Arthropods』(2019)以降も進化し続ける彼女が、メールインタビューで最新作についての不可思議な道筋を語った。

 

Text : yukinoise

 

ー AVYSSに自己紹介をお願いします。

 

33EMYBW:33EMYBWという名前はSan-San-E-M-Y-B-Wと発音し、友人からはSan-Sanと呼ばれています。

 

ー いつから音楽に興味を持ちはじめましたか?これまでに聴いた作品、学んだ文化、影響を受けた音楽について教えてください。

 

33EMYBW:かつてベーシストだった当時は主にロックや日本のV系、メタルを聴いていました。日本のノイズや実験的な音楽も好きで、その後はさまざまな民族音楽や伝統音楽から電子音楽を聴くようになって、音楽制作を始めました。

 

ー 作曲やアートワークなどのインスピレーションやアイデアは、普段どのような出来事から得ていますか?

 

33EMYBW:読書、音楽、芸術、節足動物、植物、石、時間、夢、喜び、静寂。

 

ー ニューアルバム『Holes of Sinian』のコンセプト、制作中のエピソードや印象的な出来事があれば教えてください。また本作ではoxi peng、Forrest Gander、Marina Herlop、Batuとコラボしていますが、彼らとの制作はいかがでしたか?

 

33EMYBW:パンデミックと閉鎖を経験した後、人間以外の視点から生と死の進化を理解しようと試みたんです。『Holes of Sinian』のインスピレーションは、非直線的な時間の次元にいる絶滅した生物のグループから得ました。彼らの生息地である「シニアンの穴」と、非線形の時間次元における彼らのもつれを創造してます。これらの生物は「エディアカラ生物群」として知られ、カンブリア紀以前の先カンブリア時代の最後の時代であるエディアカラン紀(約6億3500万年前~5億4100万年前)に起源を持っており、エディアカラ生物群は、捕食の必要なく海底から栄養分を吸収して生存していました。しかし、栄養豊富な微生物マットの枯渇やその他の要因により、突然絶滅し、歯を持つ形態に進化したのはごく一部。これらの種のほとんどは、現代の生物との正確なつながりを確立するのが難しいことが判明しています。カンブリア紀はエディアカラン紀に近い地質時代で、中国の五台山や泰山などが含まれてます。アルバムに登場する「シニアン・ストーン」は、不規則な空洞に覆われた架空の岩石で、宇宙と生命の偶発性に似ているこれらの空洞は相互に連結できるんです。このコンセプトでは、進化の失敗は決定的なものではなく、生物相は非直線的な時間の中でさまざまな形で存在することができるのではにかと。おそらく、これも魂の複製なのだと思います。創作過程では、中国の四川、甘孜、チベット、雲南、タンザニア、ブルガリア、タイなど、様々な地域の伝統音楽や民族音楽からのボーカル・サンプルをより多く使用しました。サウンドデザインとコラージュ、そして言語とその境界の曖昧さを通して、これらの素材は、原始性と不確かさの痕跡を持つ新たなテクスチャーへと進化し、持続可能な “生態系 “を形成します。また、よりシンプルで高密度なリズムの実験も行い、私が好きな変拍子の音楽を残しつつも、以前と比べ、いくつかのトラックにはより多くの空間を残し、この「生態系」のモデルをシミュレートすることを試みました。コラボレーション下彼らとの共同作業やコミュニケーションでも、わたしに多くの新しい経験をもたらしてくれました。

 

ー 音楽制作はリスニング、クラブ、ライブ、展示会など多岐にわたりますが、そういった中での多様な活動軸は何ですか?

 

33EMYBW:わたしが音楽を作るときに最も気にかけていることはふたつ。

 

①音楽とは、さまざまなものをつなぐトンネルのネットワークだと思う。

 

②世界にはすでに素晴らしい音楽がたくさんある。

 

ー 中国だけでなく、ヨーロッパやアフリカでも制作やパフォーマンス活動をされています。国境を越えてパフォーマンスする中で気づいたことは何ですか?その中であなたにとって重要なアイデンティティはどういったものですか?

参考リンク:https://avyss-magazine.com/2022/03/02/34128/

 

33EMYBW:どこでパフォーマンスをしても、みんながいろいろな踊り方をしているのを見るのが好きなんです。大切なのは音楽を楽しむこと。

 

ー 今後の展望として、どのような制作やパフォーマンスをしたいですか?

 

33EMYBW:クラブミュージックやエレクトロニック・ミュージックに限らず、さまざまなクリエイションやコラボレーションに挑戦していきたいですね。

 

 

ー First, introduce yourself for AVYSS.

 

33EMYBW:33EMYBW pronounced San-San-E-M-Y-B-W, or San-San to my friends.

 

ー When did you first become interested in music? Tell us about the works you have listened to, the culture you have studied and your influences.

 

我曾是一名贝斯手,那时我听摇滚乐,包括很多日本视觉系乐队,也有一些金属乐队,后来迷日本噪音、实验音乐,之后是各种民族、传统音乐。在开始听电子音乐后我成为了一名制作人。

 

33EMYBW:I used to be a bass player. At that time I mainly listened to rock music, some Japanese v-rock , and metal. I was also into Japanese noise/experimental music. Then I started to listen to various ethnic and traditional music, and afterward electronic music and later started to produce music.

 

ー What kind of events do you usually draw inspiration and ideas for your compositions, artwork, etc.?

 

阅读,音乐,艺术,节肢动物,植物,石头,梦,时间,喜悦,安静

 

33EMYBW:Reading, music, art, arthropods, plants, stones, time, dream, joy, quiet

 

ー What is the concept behind the new album “Holes of Sinian”? Also, please share any episodes or memorable events during the making of the album.You have collaborated with oxi peng, Forrest Gander, Marina Herlop and Batu on your latest work. What experiences or changes have collaborating with them brought to you?

 

在经历了疫情和封锁之后,我试图从非人类的角度来理解生与死的演变。 “Holes of Sinian”的灵感来自于一群在线性时间上已经灭绝的生物。我虚构了它们的栖息地(Holes of Sinian)以及它们在非线性时间里的缠绕。这群生物叫做埃迪卡拉生物群,来自埃迪卡拉纪(距今635-5.41亿年),即元古代最后一个时期,随后是寒武纪。埃迪卡拉生物群通过从海底菌毯中吸收营养而生存,不需要捕猎。但由于菌毯营养耗尽及其他因素,它们突然灭绝了,(除了一小部分进化出牙齿)大多数种类都难以和现代生物建立确切的联系。震旦纪是一个与埃迪卡拉纪相近的地质时期,范围包括中国五台山或泰山。震旦石是这张专辑中的虚构石头,石头上密布着不规则的孔洞,犹如宇宙和生命的偶然;这些孔还可以相互连接。进化的失败并不是决定性的,在这个概念中,生物群可以在非线性时代以不同的形式存在着。也许这是另一种形式的灵魂复制。我在创作中运用了更多的人声采样,这些人声来自中国四川甘孜、西藏、云南,非洲坦桑尼亚、保加利亚、泰国等地区的传统音乐/少数民族音乐。通过声音设计和复制拼贴,和对语言-及其产生的边界-的迷模糊,这些质料演化出新的质感,跳跃着原始的痕迹和不确定性,构成一个可延续的“生态系统”。我同时尝试了更简单和更密集的节奏,有些曲目相比之前有了更多留白,也保留了我喜欢的基数拍,试图模拟出这个“生态系统”的模型。和他们合作和交流让我学习和体验到新的东西。

 

33EMYBW:After experiencing the pandemic and lockdowns, I attempted to understand the evolution of life and death from a non-human perspective. The inspiration for “Holes of Sinian” comes from a group of extinct creatures in a non-linear time dimension. I created their habitat, “Holes of Sinian,” and their entanglement in a non-linear temporality . These creatures are known as the “Ediacara biota”, originating from the Ediacaran period (approximately 635-541 million years ago), the last period of the Precambrian era before the Cambrian period. The Ediacara biota survived by absorbing nutrients from the seabed without the need for predation. However, due to the depletion of nutrient-rich microbial mats and other factors, they suddenly went extinct, with only a small fraction evolving into forms with teeth. Most of these species have proven difficult to establish precise connections with modern organisms. The Cambrian period is a geological era close to the Ediacaran period, including locations like the Wutai Mountains and Tai Mountain in China. In the album, “Sinian Stones” are fictional rocks covered in irregular cavities, resembling the contingencies of the cosmos and life. These cavities can also interconnect. Failure in evolution is not definitive in this concept, where biota can exist in different forms in non-linear time. Perhaps this is another form of soul replication. In the creative process, I used more vocal samples from traditional music and ethnic music in various regions, including Sichuan, Ganzi, Tibet, Yunnan in China, Tanzania, Bulgaria, Thailand, and more. Through sound design and collage, and through the blurring of language and its boundaries, these materials evolve into new textures, with traces of primitiveness and uncertainty, forming a sustainable “ecosystem.” I also experimented with simpler and denser rhythms, leaving more space in some tracks compared to before while retaining the odd meter music I enjoy, attempting to simulate a model of this “ecosystem”. Collaborating and communicating with them brought me a lot of new experience and i’ve learnt quite a lot from each of them.

 

ー Your music production is diverse, including sound design for listening, clubs, live performances and exhibitions. What are the axes of your diverse music production?

 

1 音乐是一种管道,它能链接各种不同的事物。

 

2 世界上已经有那么多很棒的音乐作品,开始创作前我必须知道我在做什么。

 

这是我在做音乐时最在意的。

 

33EMYBW

 

1 I think music is a network of tunnels that connect different things.

 

2 There is already so much great music in the world, I have to know what I am doing before I start creating it.

 

That’s what I care about most when I’m making music.

 

ー  You work not only in China, but also in European and African countries. What have you noticed while performing across borders? What identities are important to you in this context?

 

不管在哪演出,我都喜欢看人们在台下跳舞,每个人都有不同的方式进行反馈,重要的是享受音乐。

 

33EMYBW:I like to see people dancing in different ways no matter where I perform,. Everyone has his own way of feeding back, and i think the important thing is to enjoy the music.

 

ー  What kind of work or performance would you like to do in the future?

 

我想尝试更多不同形式的创作和合作。

 

33EMYBWI would like to try different kind of creation and collaboration in the future and not restricted to club music or eletronic music.

 

 

33EMYBW – Holes of Sinian

Label : SVBKVLT

Photography : Hqeivy

Design : Luke Griffiths

Mastering : Raphael Valensi

Release Date : 8th November 2023

Format : Double LP + Digital

https://svbkvlt.bandcamp.com/album/holes-of-sinian

 

Tracklist

1. Fieldia

2. Holes of Time feat. oxi peng

3. Drifting Nama

4. Blood Child

5. Discrepant Microbial Mats feat. Forrest Gander

6. Ediacaran Ghost feat. Marina Herlop

7. Fractal1 1

8. Inside-out

9. Fractal2

10. Conjuring

11. Predator Chorus feat. Batu

12. Arrival

category:FEATURE

tags:

RELATED

FEATURE

2024/02/28

リマの17才は夢を見る|Acid Stereo interview

ベッドルーム・レゲトン・パンクス more

2024/02/23

音楽の作り方も作りたい|Hyu interview

迷宮作品群を解読するコンピレーション
 more

2024/02/06

20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge more