KATAとBOY共催によるtamanaramenワンマンライブが開催

6/16 KATA

 

 

ビジュアルアーティストとしてVJ等多方面で活動する姉・ Hanaと、シンガー/プロデューサーとして独自のサウンドスケープを生み出す妹・Hikamによる姉妹ユニット ・ tamanaramenが、互いに交友の深い恵比寿KATAと渋谷のコンセプトショップ・BOYの共催により、自身初のワンマンライヴを決行する。

 

近年のリキッド年越公演では、毎度最高潮な流れを深夜のKATAのフロアに生み出していたtamanaramen。ワンマンとなる今回、またこれまでとは異なったアプローチと展開に期待したい。

 

DJとしてのユニット名義・4ngel kidzとしても精力的に活動し、様々なクラブからファッションブランド主催パーティー、大規模なアート展示会場まで幅広いイベントに出演。楽曲やライヴ以外でも、電子音楽とそこから派生する彼女達ならではのコミュニケーションの魅力が伝わってくる。

 

tamanaramenという一見大胆なユニット名とは裏腹に、 人が持つ孤独の中に光を見出し寄り添う繊細な音楽/映像は、日常に生きるセンチメンタルな内向的面と、夜のダンスフロアを往来する外向的面が表裏一体し、エクスペリメンタルな様でいて生きた証しを刻むかの様な柔軟で表情豊かな表現を感じられる。

 

思えば、2019年発表の楽曲柔らかいから存在を知り出会った自分にとって、それまで未知だった彼女達の事を知れば知るほど、時代に向き合い等身大で生きていく姿が都度空間の輪郭を作り、彩りを与えている事実を目撃する数年間だった。

 

そして、今年2月にリリースされた『はじまり』と題されたEPは、ここから加速していく2人のシルエットを明確に示し決定付ける指針の1作となった。tamanaramenにとって、この立てた旗が今後のはじまりであり、振り返って風に靡く景色も楯になっていくであろう。

 

浮遊するメロディーの粒が交じり合うシームレスなライヴステージは、記憶の中に存在するノスタルジアなベールに包まれる質感と、それでも確かに未来に向いて発せられている音と映像のワルツ。それは、2人が時代を駆け抜けているからこそ生み出せる必然の調合。

 

放たれる節々から感じ取れるどことない懐かしさと、瞬発力のある斬新なレイヤーを備えた稀有なバランスを持つ彼女達の現在地。

 

そこから感じ取れる鮮やかでまぶしい未来を、是非この日に目撃ください。

 

BOY 奧冨 直人

 

*****

 

KATA & BOY presents

tamanaramen

one man live

2023616 (金曜日)

KATA(LIQUIDROOM 2F)

open:19:30 start:20:00

adv¥3000(+1drink order) 6/2 on sale!

  e+(https://eplus.jp/sf/detail/3884120001-P0030001)

info:kata-gallery.net

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/06/14

「AVYSS + 鬼車」&「AVYSS + HANBEE」のコラボTシャツが発売

日本アニメ文脈とクーデレ(緑)天使
 more

2024/06/12

仕組みの外で居場所をつくる|Interview with 雪国 x 投擲 x One Boiling Point

6/15 投擲vol.7 at SPACE
 more

2024/06/11

AVYSS Circle 2024 photo report

長い一日をランダムに振り返る more