Youth Lagoonが復活|8年ぶりのアルバム『Heaven Is a Junkyard』を発表

Youth Lagoonは決して首を絞めるようなものではなかった

 

 

2016年、Trevor PowersはYouth Lagoonの扉を閉じた。

 

「自分の首を絞めているような気がした。自分の音楽であるにも関わらず、道を見失った。いろんな意味で、自分を見失ったんだ。」

 

2021年10月、何かがチャンネルを変えた。

 

市販の薬を飲んだ後、Trevor Powersは胃を「酸のノンストップ間欠泉」にするほどひどい薬物反応を起こし、喉頭と声帯を8カ月間覆った。「7人の医者と複数の専門家に診てもらった。30ポンド以上痩せた。誰も助けてくれなかった。」とPowersは言う。クリスマスまでに、彼はもう話すことができなくなり、テキストメッセージと紙とペンが唯一のコミュニケーション手段になってしまった。「歌うことはおろか、再び話すことができるようになるかどうかもわかりませんでした。」

 

「ある意味、象徴的な出来事だった。」「ずっと恐怖を飲み込んできたのに、それがまた出てきたんです。神は人が苦しむのを見ていると考えていた。今、私は彼女があなたと一緒に苦しんでいることを知っています。それがすべてを変えたんだ。」

 

Youth Lagoonが8年ぶりのアルバム『Heaven Is A Junkyard』で復活。アルバムからリードシングル「Idaho Alien」をリリース。Tyler T. Williams監督によるビデオ公開。

 

「私たち全員についての作品。戦争に旅立つ兄弟、酔っ払った父親がハグを覚え、母親が恋に落ち、隣人が郵便物を盗み、カウボーイがドラッグをやり、友達が学校をサボり、僕がバスタブで泣き、犬がウサギを捕まえ、子供が高い草原で遊んでいるという話。」

 

「僕は良い失敗を待つんだ。暗闇の中で感じまくることに多くの時間を費やしている。1000のアイデアに対して、1つの良い間違いがある。ある日、ピアノを弾いていて、”Idaho Alien” を見つけたんだ。すでに存在しているような気がして、掘り起こした。僕は昔から古いハードボイルドな犯罪小説が好き。ひねくれているけど、純粋なんだ。”Idaho Alien” は、そのような空間から生まれました。家庭は、しばしばJim Thompsonの本のように感じられます。隣人の一人は一日中メスを吸い、夜中の2時に芝生を刈っている。彼女のボーイフレンドは裏庭のテントで暮らしていて、ある日彼女が彼を家から締め出したので、彼は彼女を刺そうとするまでになった。彼は10年間刑務所に送られた。彼女はまだ彼を愛していると言い、私は彼女にはもっといい人がいると言った。この前、午前2時に芝生を刈らないように頼んだら、エイリアンとサブウェイのサンドイッチの話になったよ。毎年11月になると 教会のグループが 彼女のために葉刈りをする。そして彼女にイエスのことを話すんだ。それがうまくいっているとは思えない。」

 

 

 

Youth Lagoon – Heaven Is a Junkyard

Label : Fat Possum Records

Release date : June 9 2023

Pre-order : https://youthlagoon.lnk.to/HeavenIsaJunkyardID

 

Tracklist

1. Rabbit

2. Idaho Alien

3. Prizefighter

4. The Sling

5. Lux Radio Theatre

6. Deep Red Sea

7. Trapeze Artist

8. Mercury

9. Little Devil from the Country

10. Helicopter Toy

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/05/20

〈AVYSS Circle 2024〉追加出演者発表

NIGHTのTHREEにショットライブ追加 more

2024/05/09

下北沢にて2年ぶりのカムバック|サーキットイベント〈AVYSS Circle 2024〉開催

6/8(土) 4会場5フロア|AVYSS Cupも同時開催 more

2024/05/08

行こうぜ、日本!|KARAN! & TToten interview

ブラジリアンファンクは愛、音楽、ダンス、全て幸福に繋がる
 more