ENG JPN

RABITがSALEMのJack Donoghueをフィーチャーした「Bad Dreams」のMVを公開

生きた記録

 

photo by Denver Bastion

 

テキサス在住のプロデューサー、作曲家、ストーリーテラー、RABIT aka Eric Burtonは、2018年以来のニューアルバム『What Dreams May Come』を今週25日にリリースする。RABITのインプリントであるHalcyon Veilからレコード、カセットでも発売決定。Eartheaterをフィーチャーした「Angelica」に続くシングルで、SALEMのJack Donoghueをフィーチャーした「Bad Dreams」をリリース。Lane Stewartが手掛けたMVも公開。

 

Bjorkの2017年グラミー賞ノミネート・アルバム『Utopia』のプロデューサーの一人として知られ、Arca、Elysia Crampton、House of Kenzo、CoilのメンバーDrew McDowallとのコラボレーターであるRABITは、タイムカプセルのように現在の時代の「生きた記録」になることを目的にマルチメディア共同コンセプトアルバムを制作。2018年以降にリリースされた一連のミックステープが高く評価されてきたRABITはキュレーターとしての側面を見せ、多数のボーカリストとインストゥルメンタル奏者を巻き込んだ作品を作り上げた。

 

 

RABIT自身ゲイであり、常に自分が存在しているコミュニティや多様な背景を持つアーティストと仕事をすることに惹かれてきたという。本作には、Eartheater、SALEM、Baby Blue、Lauren Auder、John Beltran、JG Thirlwellが参加し、ロンドンのコレクティブCURLからMaxwell Sterling、CJ(Lol K)、TONEがインストゥルメンタルワークを提供している。アートワークはイギリスの現代アーティスト、Linderとのコラボレーションによって制作された。アルバムツアーは2023年に行われる。

 

尚、Linderがアルバムのために制作したアートワークは、イギリスとアメリカで2つの展覧会に出展されている。

 

「A Dream Between Sleeping and Waking」(9月17日~3月12日)

https://www.charleston.org.uk/exhibition/linder-a-dream-between-sleeping-and-waking/

 

「Blum & Poe」(11月5日~12月17日)

https://www.blumandpoe.com/artists/linder

 

 

RABIT – What Dreams May Come

Label : Halcyon Veil

Release date : November 25th, 2022

HALC032 – Digital / Vinyl / Cassette

All songs arranged, mixed, and produced by Rabit

Drum machines, Samples, Synthesizers by Rabit

Mastered by Heba Kadry

Executive produced by Lane Stewart and Rabit

Cover Art by Linder

Layouts by Collin Fletcher

 

Tracklist

1. No Ceiling

Vocals – Embaci

Strings – Maxwell Sterling

Guitar – Victoria Wright

Outro Vocals – Cecilia, Rabit

 

2. Georgia Boy (Instrumental)

Co Produced- Croww

Strings- Maxwell Sterling

Guitar- TONE (Basil Anthony Harewood)

 

3. Angelica

Vocals- Eartheater

Background Vocals and

Additional Synthesizer -TONE (Basil Anthony Harewood)

Strings – Maxwell Sterling

 

4. The Growth Interlude

Vocals – Lagniappe

 

5. Epiphany

Co Produced- Baby Blue, John Beltran

Vocals – Lauren Auder

Additional Synthesizer – John Beltran

 

6. Safe

Background Vocals- Cecilia, Moro

Strings – Maxwell Sterling

 

7. Bad Dreams

Additional Synthesizer – Jack Donoghue/SALEM

Outro – Boochie

 

8. Georgia Boy Interlude

Vocals – Boochie

Guitar – TONE (Basil Anthony Harewood)

 

9. No Air

Vocals – Colin Self

 

10. TRU

Co Produced – Croww

Strings – Croww

 

11. New Days

Vocals – :3lON

Recorder and Bass Guitar – CJ Calderwood

 

12. Requiem

Vocals – Embaci

Guitar – Victoria Wright

 

13. Reprise

Co Produced – John Beltran

Vocals – JG Thirlwell

Additional Synthesizer – John Beltran

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more

2022/10/19

AVYSS Circle x NEWVIEW CYPHER REPORT – a子とe5のまなざしから

ライブ+AR体験レポート
 more