ENG JPN

Holly HerndonがAIボーカルディープフェイク「Holly+」を使用したカバーを公開

映像はSam Rolfesが手掛けた

 

 

エレクトロニック・コンポーザーHolly Herndonが、昨年公開したAIボーカル・ディープフェイク「Holly+」を使用し、Dolly Partonのクラシックバラード「Jolene」をカバー。

 

Holly Herndonのデジタル双子Holly+は新しいハーモニーを構成し、Ryan Norrisがギター担当。さらに3DヴィジュアルアーティストのSam Rolfesが監督したMVも合わせて公開。3DCG化したHolly Herndonは牧歌グリッチの世界で歌を披露する。

 

「Holly+」は、Holly Herndonの声のAIバージョンであり、ボーカル・ディープフェイクを利用したカスタムボーカル楽器。オーディオファイルであれば、どんな曲やメロディ、ボーカルデータでも、Holly Herndonの声に変換してくれる。

 

Holly+ : https://holly.plus/

 

 

Holly Herndon – Jolene (feat. Holly+)

Release date : 25 October 2022

Stream : https://songwhip.com/holly-herndon/jolene

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more