ENG JPN

世界における自分の居場所|Naked Flamesが最新アルバム『Miracle in Transit』を発表

Dismiss Yourselfより

 

 

Naked Flamesはブリストルを拠点とする謎めいたエレクトロニック・プロデューサー。彼はインターネットの難解なコーナーから研ぎ澄まされた美学と新しい発見を持って現れた。

 

Naked Flamesというアートプロジェクトは6年前にスタートした。DJミックスコミュニティのメンバーとして、最初は囁くようなミニマルアンビエントをミックスすることに強い興味を抱いていた。それはロンドンのユースが敬愛する影のあるアーティストに捧げるものだった。そのうちに、6時間以上にも及ぶミックスには Oklouのようなアーティストからも支持されていく。エレクトロニック・アンダーグラウンドから、蜘蛛の巣状のレコメンデーションデータを通じて、苛烈でリズミカルな音楽が着実に湧き出していった。

 

『Miracle in Transit』において、彼はDismiss YourselfからリリースされたBinc Rinse Repeat E.P.の意図的にロービットなマスターの濁ったものを捨て去ろうとしている。そのスタイル展開は、古いフィルムスターがテクニカラーへと飛躍するのと同じように、インターネット時代のものとして感じる。トレードマークだったダビーなローエンドが、マンチェスター・アシッドの透明感に取って代わる。AntonはこのLPの中核となるテーマを、世界における自分の居場所を再認識すること、解放すること、そしてそのために必要なことを鍛え上げた。孤立した時期を経て、それらをテーマにした。このアルバムの最初のラフなドラフトは、自宅から国を隔てたテクノロジー関係の仕事をしながら、形成され始めた。

 

「何カ月も何カ月も過ぎて、いつもこのマンネリから抜け出せない…何もせずにケンブリッジに食われそうな気がする…。でも、少なくとも曲は作っているんだ。この時点で私は、Pan Matsuri、Visiting Corners、Miles of Conkers、Taking the Stairs、Tennessee Transitとなるものを作っていました。しかし、アルバムで紹介されているような自分のテクノやハウスのスタイルで動いていたのではなく、これらの作品は見当違いのブレンドだったんです。」

 

トラックリストのタイトルと同様に多彩なサウンドトーンに彩られている。それは彼の若き日の旅路の潮の流れが変わらなければ、ありえないことのように思える。

 

 

 

Naked Flames – Miracle in Transit

Label : Dismiss Yourself

Release date : 29 July 2022

Bandcamp : https://dismissyourself.bandcamp.com/album/miracle-in-transit

 

Tracklist

1. Pan Matsuri

2. Carrot Car

3. Visiting Corners

4. Under Every Tree in England

5. Miles of Conkers

6. Taking the Stairs

7. Tennessee Transit

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE