ENG JPN

Chromaticsが解散を発表

20年の活動に幕

 

 

ChromaticsがメンバーのInstagramのアカウントを通じて解散を発表し、20年間の活動に幕を閉じた。

 

Chromaticsは、2001年にオレゴン州ポートランドにてAdam Millerのソロ・プロジェクトとしてスタートし、2005年頃には現在のメンバーが揃っている。イタロディスコ、80sニューウェイヴ、ダークなエレクトロニックポップのスタイルはレーベル〈Italians Do It Better〉のカラーを世界に印象付け、2007年『Night Drive』、2012年『Kill For Love』などのクラシックや、数多くの作品などを残してきた。また、幻のアルバム『Dear Tommy』は最後までリリースされず、解散を迎えることとなった。

 

 

長い熟考の末、私たち3人はChromaticsを解散するという難しい決断を下しました。すべてのファンの皆様と、これまでに出会った友人たちに感謝しています。私たちの人生において、本当に忘れられない章となりました。私たちは未来を楽しみにしており、すぐに新しいプロジェクトを皆さんと共有できることを楽しみにしています。

 

愛を込めて

– Ruth Radelet, Adam Miller and Nat Walker

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2023/01/16

理性が焼き切れる瞬間まで|FELINE interview

1/20 SPREADにて初ワンマン開催
 more

2022/12/27

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.3

2022年印象に残った5作品 more

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.2

2022年印象に残った5作品 more