ENG JPN

Wulffluw XCIVがクラブシーンへのトリビュート作品『HYPEREMIA』をリリース

モスクワのПИРより

 

 

モスクワの新興レーベル〈ПИР〉より、〈Hakuna Kulala〉初のアフリカ以外のアーティストにもなったWulffluw XCIVの新作アルバム『HYPEREMIA』が本日リリース。

 

今作は、ダンスホール、レゲトン、バイレファンキ、ガバ、ダブ、ブレイクコア、様々な実験的なビートを混ぜ合わせた現代のクラブシーンへのトリビュート作品であるとのこと。限られた空間と孤独の中に、この1年間に蓄積した感情を込めた。クラブ・サウンドに対するサイン、シンボル、ファンタジー、アイデアが集約している。

 

収録曲「Evil Gang」に参加したElvin Brandhiとは、ウガンダのカンパラで開催された「Nyege Nyege Festival 2019」で出会い、約1週間の間に2人で制作されたという。

 

 

Wulffluw XCIV – Hyperemia

Label : ПИР

Release date : 13 May 2021

Buy : https://wulffluwxciv.bandcamp.com/album/hyperemia

 

Tracklist

1. Forest Shatters

2. Inteira

3. 18

4. Fuzza

5. Evil Gang (feat Elvin Brandhi)

6. Hyperemia

7. Nitenite

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/06/07

dariacoreは(きっと)蘇る|ネットミームとしてのサンプリング音楽考

dariacoreは死んだのか more

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more