ENG JPN

OMSBが4曲入りの新作EP『MONKEY』を発表

アートワークはMA1LLが手掛けている

 

 

2011年のSIMI LABとしてのグループデビュー以来、ソロでは2012年に1stソロアルバム『Mr. “All Bad” Jordan』、2015年に2ndアルバム『Think Good』をリリースし、ストロングなスタイルで自身のHIPHOP観を体現してきたOMSBが、2019年に発表したシングル「波の歌」以来の新作EP『MONKEY』のリリースを発表。

 

4曲入りとなる今作、自身が受けてきたHIPHOPの影響を色濃く感じるヘッドバンガー「Childish Wu」、こちらはプロデュースはRascalが担当。「Naruhodo」は、狂気的なベースのOMSB自身のトラックで、誰しもが感じつつも自分もどこかで相手を軽んじてしまう因果について歌った。「BoMaYe!!!」は、ミステリアスなネタ使いにOMSBらしいソリッドで太いドラムで構築されており、昼夜逆転生活者の葛藤をハードなスタイルで描く。「Airwalk」はプロデューサーにmadkosmosとOpus Innを迎え、自身のこれからを綴るドラマチックな楽曲となっている。

 

レコーディング & ミックスエンジニアはThe Anticipation Illicit Tsuboiが担当し、アートワークは同じSIMI LABとしても活動を共にするMA1LLがオリジナルイラストを描きおろしている。

 

 

OMSB – MONKEY

Label : SUMMIT, Inc.

Release date : 7 May 2021

Stream : https://summit.lnk.to/SMMT145

 

Tracklist

01. Childish Wu (Lyrics by OMSB / Produced by Rascal)

02. Naruhodo (Lyrics by OMSB / Produced by OMSB)

03. BoMaYe!!! (Lyrics by OMSB / Produced by OMSB)

04. Airwalk (Lyrics by OMSB / Produced by Madkosmos, Opus Inn)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/09/14

JUMADIBA Interview|自分らしく、地図を広げて

“自分だからこそできることをやる” more

2021/08/27

〈Mizuha 罔象〉がコンピレーションアルバム『Biosphere』を発表

人類誕生前の地球の記憶 / 再構築されるノスタルジア
 more

2021/08/17

RIA interview

9つのテーマについてのQ&A more