ENG JPN

パンデミック以前の夜|Rae LawとKelvin Tのコラボ曲「I’M THE PARTY」がリリース

都会の夜に溶け込む瞬間

 

 

オーストラリアをルーツに持ち香港で育ったシンガーRae Lawと、レーベル〈Absurd TRAX〉と共に香港のエレクトロニックシーンを牽引するプロデューサーKelvin Tが新曲「I’M THE PARTY」をMVと共にリリース。ケタミンとハイパーポップを組み合わせた前作にあたるコラボ作『Ketapop』に続くこの新曲はニューアルバムのリードトラックであるとのこと。

 

「I’M THE PARTY」は、パンデミック以前の夜を再現している。混乱した真夜中、翌日になってようやく思い出す記憶のフラッシュ、知っている顔だが思い出せない名前、誰もが幸せそうに見えるが、快楽主義の不吉な一面も存在している。そして、ポップなガバ・トラックは、1年間の溜まっていた緊張感を爆発させている。見知らぬ人で埋め尽くされた薄暗いナイトクラブで汗だくになって過ごし、都会の夜に溶け込む感覚、そんな瞬間の表現した楽曲。

 

同時公開された映像は、香港を拠点とする映像作家Arman Dzidzovicが監督を務めた。フラフラと家路につく様子や、狂喜乱舞するパーティーの様子に、CGIアーティストSkene Milneによるダークなフラッシュが挿入され、渦巻くようなシーンの連続となっている。

 

 

Rae Law & Kelvin T – I’M THE PARTY

Released date : 23 April 2021

Buy : https://raelaw.bandcamp.com/track/i-am-the-party

 

coming soon on Spotify, Apple Music, and most streaming platforms

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2022/06/07

dariacoreは(きっと)蘇る|ネットミームとしてのサンプリング音楽考

dariacoreは死んだのか more

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more