ENG JPN

アフターコロナを⾒据えた、クラブ・ライブハウス支援プロジェクト「ve-nu」がスタート

第一弾はヴァーチャル⻘⼭蜂

 

 

新型コロナウイルスによって未曾有の危機に瀕したナイトクラブやライブハウスを最新テクノロジーで⽀援し、クラブカルチャーの⽕を絶やさない取り組みとして、クラブシーンを愛する⼈々が安⼼・安全かつ気軽に集まれるオンライン空間サービス『ve-nu(ヴェニュー)』を2020年12⽉17⽇(⽊)20時にサービス開始。また、同⽇には第1弾となるヴァーチャル⻘⼭蜂のイベントを⽣配信する。

 

⼈々が集う現場をあらわす“VENUE” と、新時代をあらわす“NEW” から名付けられたve-nu(ヴェニュー)は、NEW NOMAL時代のオルタナティブな現場体験を⽬指して⽣まれた。クラブやライブハウスなど実在するエンタテインメント空間をヴァーチャル空間上に忠実再現し、最新テクノロジーでライブやDJ、その場所の持つ魅⼒までをもアップデートするプロジェクト。今なお拡⼤する新型コロナウイルスは、クラブやライブハウスの経営にも⼤打撃を与えているが、感染の⼼配がなく、⼈々が安⼼・安全かつ気軽に集まれるヴァーチャル空間では、DJやパフォーマー、そして最⼤30名の観客が集い、クラブシーンを思い思いの場所から堪能することが出来る。

 

 

 

「ve-nu」が最初に⼿掛ける実在のクラブは、⻘⼭蜂(東京都渋⾕区)。

 

⽇本にクラブカルチャーが根付きはじめた90年代から⾳楽とアートと⼈々の交差点として栄えてきた伝説のナイトクラブ。そんな⻘⼭蜂が今、コロナ禍という最⼤の苦難を⽬の当たりにし、この厳しい局⾯をサバイブしようともがく中、「ve-nu」とタッグを組んで“ヴァーチャル⻘⼭蜂”をスタートさせる。折しも⽣誕25周年を迎える⻘⼭蜂と、NEW NOMAL時代に誕⽣した「ve-nu」。クラブカルチャーをこよなく愛する者たちが集い構築されたデジタル・フロアは、ライブそのものやDJとのコミュニケーションをアップデートさせる実験場になる。

 

⻘⼭蜂の開店当初からプレイし続けているDJ KENSEI、DXによる⻘⼭蜂の黎明期を彷彿とさせるプレイに始まり、MARS89、DJ WILDPARTY、TYO GQOMによる、ベースカルチャーの現在進⾏系を提⽰する。

 

■特設サイトURL :https://ve-nu.com/

■Twitch配信URL:https://www.twitch.tv/ve_nu(12/17 20:00〜配信予定)

 

————————–

 

■「ve-nu」参加方法

 

「ve-nu」はマイクロソフトのソーシャルVRプラットフォーム「AltspaceVR」を通じて参加できます。あらかじめ「AltspaceVR」をPC/Macでダウンロードいただき、「ve-nu」公式アカウントとフレンドになることでライブ会場へご案内します。

 

① AltspaceVR公式サイト( https://altvr.com/ )よりお好みのデバイス/OSのAltspaceVRアプリをダウンロードしてください。※Macからは「2D mode」を選択してください。

② AltspaceVR を起動してアカウントを作成してください。

③ ve-nu公式アカウントにfriend申請していただきます。

④ 配信当⽇の20時(予定)になりましたら、会場の準備が整い次第、ve-nu公式アカウントより会場へご案内します。

 

○お知らせ○

事前に「AltspaceVR」をダウンロード準備いただいた上で、ぜひアバターをお好みの容姿にカスタマイズして当⽇をお待ちください。よりいっそうお楽しみいただけます。

 

○ご注意○

「AltspaceVR」でのライブ配信は、ランダム抽選による最⼤30名同時接続になります。30名以上の場合、抽選での⼊場になります。先着順での⼊場ではございません。30名以降の⽅は待機していただき、バーチャル空間内の⼈が抜け次第、都度抽選を⾏い⼊れ替わりで⼊場可能です。

 

詳しい参加⽅法などは特設サイトをご覧ください。また、12⽉17⽇(⽊)当⽇はTwitchでも⽣配信いたしますので、そちらからもお楽しみいただけます。

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more