ENG JPN

「耳で視る」音のインスタレーションがGINZA SIXガーデン(屋上庭園)に登場

2020年12月1日〜2021年2月23日

 

 

サウンドとアートを軸に、分野を超えて新たな聴覚体験を創出するプロジェクト〈See by Your Ears〉を 主宰するサウンドアーティスト・evalaが、12月1日(火)からGINZA SIXの屋上庭園にて、これまで空港や日本庭園などの屋外で展開してきた作品シリーズ《Inter-Scape》の最新作となるサウンドインスタレーション《Grass Calls》を公開している。

 

屋上庭園内をフィールドレコーディングした音源や、世界各地で集音した音を使用して、多層的なサウンドを空間的に作曲することで、耳で視る新しいパブリックアートを生み出すことを試みている。銀座の街の喧騒、植物のざわめきや鳥のさえずりと共にすっぽりと体を包みこむ立体音響に耳を澄ますと、現実と幻想の境界がおぼろげになり、一人ひとりの内面にそれぞれ の新しい景色が立ち上がる。本作は、11月9日(月)から開催されている『GINZA SIX ART CONTAINER』企画のために制作され、コンテナを目印に、館内を飛び出し屋上庭園の森に広がる3ヶ月間だけの特別な作品として展開されている。

 

———————-

 

– 展示について –

日程 2020.12.1 (火) – 2021.2.23 (火・祝)

時間 7:00-23:00

会場 GINZA SIXガーデン(屋上庭園) 森林エリア

〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 RF

観覧 無料

 

『GINZA SIX ART CONTAINER』特設ページ : https://ginza6.tokyo/gsix2020/art_container

GINZA SIX 施設案内 : https://ginza6.tokyo/

 

———————-

 

– 《Inter-Scape》とは –

「See by Your Ears」プロジェクトにおいて、無響室などの閉鎖空間ではなく、主に屋外や公共空間などひらかれた空間においてevalaが発表してきた一連のシリーズ作品名。目の前の風景が、そこに発せられる音によって、聴く者の内面にそれぞれ異なるイメージとなって生成されることをコンセプトとし、これまでの作品に、香川県丸亀市の広大な日本庭園・中津万象園で開催した“音の展覧会”《聴象発景 / evala (See by Your Ears) feat. 鈴木昭男》(2019)や、文化庁 「メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム」にて高松空港で展示を行った《Gravity of Bird》(2019)などがある。

 

聴象発景 / evala (See by Your Ears) feat. 鈴木昭男

http://www.bansyouen.com/sound/

高松空港 メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム

https://jmadm.jp/airport/takamatsu.html

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more