ENG JPN

テッサロニキのPenelope’s Fiancéが集大成的新作『The Cutting Edge Of The Knife』を発表

11月20日リリース

 

 

ギリシャのテッサロニキ出身のPenelope’s Fiancéは、これまでにClan Destine RecordsやLive Adult Entertainmentなどのレーベルから多数のカセットテープをリリースしてきたが、今回ミュータントコミュニティ/レーベル〈Hypermedium〉からヴァイナル・デビューを果たす。

 

ローファイ、ポスト・インダストリアル、ファジーテクノの境界線を越えて漂うユニークなサウンドを形成した今作『The Cutting Edge Of The Knife』はPenelope’s Fiancéの集大成とも言える作品であり、ゴーストのような陰鬱な壮大さと、押しつぶされるようなパーカッシブなパターンを融合させた、エモーショナルな作品でもある。

 

無気力で気怠いドローン、散りばめられたヴォーカル、鋭いビートとリズムで構成され、不穏なムードを漂わせている「Lethe」、パニックを煽るような160bpmのレイビーな叙事詩であり、恍惚感に満ちたリズムをトランスを思わせるメロディックなフレーズとヴォーカルサンプルに乗せ、奏でている「Futile Endevours」など全6曲を収録。

 

 

Penelope’s Fiancé – “The Cutting Edge Of A Knife”

Label : Hypermedium

Format: 12” / Digital

Release Date: 20 November 2020

Bandcamp : https://hypermedium.bandcamp.com/

 

A1 / 1. Lethe

A2 / 2. Futile Endeavours

A3 / 3. I Wasn’t Always There

B1 / 4. Anxiety

B2 / 5. The Lie Closest To The Truth

B3 / 6. The Cutting Edge Of A Knife (Liberation Of The Oppressed)

 

Mastered by Thomas P. Heckmann and cut by Andreas Kauffelt at Schnittstelle

Artwork by Inhalt.

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2023/01/16

理性が焼き切れる瞬間まで|FELINE interview

1/20 SPREADにて初ワンマン開催
 more

2022/12/27

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.3

2022年印象に残った5作品 more

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.2

2022年印象に残った5作品 more