ENG JPN

Lynksが、Courtney Barnett「Pedestrian at Best」をカバーシングルとしてリリース

MVも公開

 

 

ロンドンを拠点にするアーティストLynks Afrikkaこと、Lynksが今年リリースされたデビューEP『Smash Hits Vol.1』に続くシングルとして、2015年にリリースされたCourtney Barnettのデビューアルバム『Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit』のリードトラック「Pedestrian at Best」をカバー。

 

オリジナルトラックはLynksが音楽制作を始めるきっかけになった楽曲の一つであるという。Courtney Barnettというアイコンへのオマージュとしても制作されたカバーシングルは、アンセミックなギターレス・シンセパンクに仕上がった。「ゲイクラブでも流れるような、誰にも知られていないバンガーに変えることができて幸せだよ」とLynksは語っている。また、Lynks自身とAna Zoobが手掛けたMVも公開されている。

 

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/04/01

AVYSS GAZEとK/A/T/O MASSACREによるハイブリッド・コラボパーティーが開催

リアル、バーチャル、ARが重なり合う more

2021/03/26

奇妙で魅惑的なSmerzのサウンド

最新アルバム『Believer』でコテージコア、テクノラスト、2000年代のラップを融合 more

2021/03/17

留置所を経た唯一無二のスカム・ミューズ|Yoyouが、1st EP『PISS』をリリース

生活と感情、白昼夢のような虚構
 more