ENG JPN

美と暴力の必然的な二元性|Constantine Skourlisが2ndアルバム『Eternal Recurrence』を発表

11月20日リリース

 

 

Constantine Skourlisは、ギリシャのアテネ出身のプロデューサー/作曲家。ギター、オーケストラ楽器、シンセサイザー、古いチューブラジオ、フィールドレコーディングを使用して、ジャンルの境界をぼかし、デスメタル、クラシックミニマリズム、ドローン、バロックに音楽的影響を受けてきた。

 

2017年に社会的な状況、現在の人権闘争、多くの人々が耐えている苦しみを反映したデビューアルバム『HADES』をUAEからバンコクに拠点を移したSalem Rashid主宰〈Bedouin Records〉からリリース。フェスティバル、美術館、ギャラリー、ナイトクラブ、劇場、映画館、1000年前の教会など、さまざまな状況で激しいライブパフォーマンスを行ってきた。ゴージャスでユニークなヴォーカルとエレクトロニック・ミュージックに、伝説的なギリシャのヘヴィ・ロック・バンド、Planet Of ZeusのSerapheim G.による破壊的なパーカッションとHalldorophoneの衝突が加わる。サブベースの深く冷たい感覚、高音のストリングスアンサンブル、Skourlisは過去の音楽性の間の新たな組み合わせを見つけ出し、頭蓋骨の奥深くから聞こえてくるような音でもあり、洞窟の奥深くから聞こえてくるような音でもある。

 

私の作品には、必然的に社会政治的な出来事にインスパイアされる傾向があります。ETERNAL RECURRENCEでは、人間の精神の深淵を掘り下げ、美と暴力の必然的な二元性を追求した。バランスのための永遠の闘争と、それに続く破壊。作曲のプロセスは、差し迫った危険への本能的な反応であり、世界的な大惨事の中での自己治癒の「武器」であると表現することができます。ある意味では、それはアートの目的のために私の認識を形作っている根底にある社会的/政治的テーマの連続体の中の糸であり、意識を生み出す見通しのある正のフィードバックループを生み出すことができる社会的存在としてのアーティストの役割でもあります。この作品は、テクノロジーと精神性の衝突と、社会が限界点に追い込まれた結果としてトンネルを掘られてしまった深淵を描いています。

– Constantine Skourlis

 

 

 

Constantine Skourlis – “Eternal Recurrence”

Label : Bedouin Records

Release date : November 20 2020

Bandcamp : https://bedouinrecords.bandcamp.com/album/eternal-recurrence

 

Tracklist

1. Collapse

2. Reality Cancelled

3. Atonement

4. Reckoning

5. Destroy False Idols

6. Elegy

7. Lethe

8. Ascension

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2020/09/29

リメイクされたバーチャル渋谷PARCOで「AVYSS GAZE vol.4 Exhibition -Remake-」が開催

期間:9/29〜10/6 more

2020/09/18

AVYSS GAZEが、JUN INAGAWA、BBBBBBB、Masatoo Hiranoとのコラボアイテムを公開

トレイラーや仮想世界URLも公開 more

2020/09/17

Mass Infection Virtual Gig Report

JUBEEがバーチャル空間で見せた新しいエンターテインメントの可能性
 more