多幸感に満ちたJ-POPの幻覚|Golinがニューシングル「Play Odds」をリリース

本日リリース

 

 

福岡出身でアムステルダムを拠点に活動する日本とアメリカをルーツに持つボーカリスト/プロデューサー/ピアニストGolinがニューシングル「Play Odds」をリリース。

 

今年5月にリリースされたCharli XCXの最新作『how i’m feeling now』の発表を祝う一環としてCOVID-19以降最も拡大したZoomパーティー「Club Quarantine」でのリリースパーティーにも出演したGolin。その際は玉名ラーメンの曲も織り交ぜた初音ミクレイヴミックスを披露している。

 

2017年に完全セルフプロデュースのデビューEP『Momo』(Midlife Music)でGolinとしてデビューし、2018年には上海のレーベル〈Genome 6.66 Mbp〉からプロデューサーBugaとのコラボレーションEP『Fushigi』をリリース。ブリュッセルの人気カルチャーハウス、Beursschouwburgでの2年間のレジデンスなどを経て、本日〈Twin Records〉からリリースされたシングル「Play Odds」は単独作品として約3年ぶり。それはエーテルのような加工が施されたボーカルと、多幸感に満ちたJ-POPの幻覚を見ることができる。

 

 

Golin – “Play Odds”

Label : TWIN Records

Release date : September 22 2020

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/02/28

リマの17才は夢を見る|Acid Stereo interview

ベッドルーム・レゲトン・パンクス more

2024/02/23

音楽の作り方も作りたい|Hyu interview

迷宮作品群を解読するコンピレーション
 more

2024/02/06

20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge more