ENG JPN

ありふれた感情と言葉|西邑亘弘がデビューミニアルバム『ひとりでに』をリリース

MVも公開中

 

 

京都を拠点に一人で活動し、ライブ経験もまだ無いSSW、西邑亘弘(にしむらのぶひろ)が、デビューミニアルバム『ひとりでに』をリリース。

 

本作品は、宅録、弾き語りを中心に、新世代の精彩放つ全6曲収録。地方色豊かでどこか懐かしさを感じるサウンドと、暖かく余情な空気に包まれる歌声。ありふれた感情とことばで日々の想いを写し出す詩は、いつまでも変わらない「うたの春」を感じさせる。

 

 

西邑亘弘「ひとりでに」

リリース: 2020.5.24(日)

stream : https://linkco.re/mmv37VC5

 

1.春まちとヒュマ

2. サンデーイブニング

3.こっちだよ

4.出町柳ベイベー

5.大丈夫、大丈夫

6.僕らは

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/04/01

AVYSS GAZEとK/A/T/O MASSACREによるハイブリッド・コラボパーティーが開催

リアル、バーチャル、ARが重なり合う more

2021/03/26

奇妙で魅惑的なSmerzのサウンド

最新アルバム『Believer』でコテージコア、テクノラスト、2000年代のラップを融合 more

2021/03/17

留置所を経た唯一無二のスカム・ミューズ|Yoyouが、1st EP『PISS』をリリース

生活と感情、白昼夢のような虚構
 more