ENG JPN

2020年を生き抜くプロジェクト「2021survive」が24時間配信のテーマソングをリリース

CIRCUS Tokyoへのドネーションも実施

 

 

コロナの影響でパーティーやイベントの中止、ヴェニューの閉鎖などが相次ぐ中、2020年を「みんなで」生き抜いて、ポストコロナの世界で祭りをするプロジェクト「2021survive」が、5月5日から6日にかけて行う24時間配信のテーマソングをリリース。

 

楽曲にはKen Truths (Us)、ryoseee (the Mcfaddin)、yuzuha、masara (slimcat)、プロデューサーとしてS亜TOHのLingnaとkyazmが参加し、MVのディレクションはryoma matsumotoが手がけている。5月5日から6日にかけて実施される24時間配信「24時間サバイブ」では、「今できる祭り」をテーマに、24時間以内にコンピレーションアルバムが製作される予定。その他にもCIRCUS Tokyoへのサポート企画のほか、ローカルアーティストらへのインタビュー、SALICHANMODEとyukinoiseによるzoomラジオ「SALInoise」などが放送予定とのこと。

 

 

 

2021survive :

https://www.instagram.com/2021survive/

https://www.youtube.com/channel/UCUiyV6hTfHxDe0yS_VG7ccw

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/06/07

dariacoreは(きっと)蘇る|ネットミームとしてのサンプリング音楽考

dariacoreは死んだのか more

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more