ENG JPN

CVNと玉名ラーメンによる韓国・ソウルツアーの様子を収めたドキュメンタリー映像が公開

ディレクションはHana Watanabeが担当

 

 

〈Orange Milk〉や〈Where To Now?〉などから作品のリリースを重ね、昨年は12箇所に及ぶ北米ツアーを敢行したプロデューサー”CVN”と、エレクトロニック・ミュージックからトラップのシーンまでボーダレスにコネクト/共振し、そのオリジナルな音楽性はUK名門レーベル〈XL Recordings〉からも注目される”玉名ラーメン”が2月に敢行した韓国・ソウルツアーの様子を収めたドキュメンタリー映像が公開。

 

2月28日の初日は、レーベル〈Helicopter Records〉のファウンダー、レコードやカセットテープやその他諸々ごちゃまぜの雑貨屋「宇宙萬物 / Cosmos Wholesale」の共同運営者、DJでもある韓国と日本のアンダーグラウンドの架け橋Park Dahamが主催し、Channel 1969で開催されたイベント「Quick-Die」に出演。Park Daham及び「Quick-Die」は、過去にBRF(Tasho Ishi)、Aspara、セーラーかんな子、speedy lee genesis、Yuya Takechi、whatman(odd eyes)、Golin、Machine Girlなどを招聘してきた。そして2日目は韓国・ソウルのカルチャーを支える「VISLA Magazine」や「VICE Korea」のエディターであるSuk主催のパーティーにてシークレット出演を行なった。ツアー中には「WELCOME TO ACID HOUSE」のロゴでお馴染み、Peggy GouやYaejiからも愛されるソウル発の人気ストリートブランド「The Internatiiional」の建設中の新しいショールームや、「宇宙萬物 / Cosmos Wholesale」にも赴いており、その様子も収録されている。

 

今回の映像作品は玉名ラーメンをはじめ、東京発のロックバンド・Waater、Usなど新世代アーティストのミュージック・ビデオを多く手がけるビデオグラファーHana Watanabeがツアーに同行し、ディレクションと撮影を担当した。また、映像で使用されている楽曲はCVNが本作の為に新たに制作したトラックとなっている。

 

 

 

また、先日玉名ラーメンは新曲「hahen」のMVを公開している。同楽曲はCVNがプロデュースを担当、近日発表予定の新作EPからの先行曲となっている。MVはHana Watanabeがディレクションを担当、ロゴはAVYSSをはじめ、アジアのエレクトロニック・レーベルやイベントのフライヤーデザインも多く手がけるDaiki Miyamaが担当している。

 

 

■CVN

Instagram : https://www.instagram.com/nobuyukisakuma/

Twitter : https://twitter.com/NobuyukiSakuma

 

■玉名ラーメン tamanaramen

Instagram : https://www.instagram.com/tamanaramen/

Twitter : https://twitter.com/tamanaramen

 

■Hana Watanabe

Instagram : https://www.instagram.com/hanargram/

category:FEATURE

tags: / /

RELATED

FEATURE

2020/09/18

AVYSS GAZEが、JUN INAGAWA、BBBBBBB、Masatoo Hiranoとのコラボアイテムを公開

トレイラーや仮想世界URLも公開 more

2020/09/17

Mass Infection Virtual Gig Report

JUBEEがバーチャル空間で見せた新しいエンターテインメントの可能性
 more

2020/09/10

AVYSS GAZEが渋谷PARCOとSUPER DOMMUNEをバーチャル化してハイブリッドパーティーを開催

9月18日開催 more