ENG JPN

galen tiptonの新たなプロジェクトrecovery girlが始動|セルフタイトルのデビューEPをリリース

デザインはtissue hunter

 

 

galen tiptonは、昨年9月にSeth GrahamとKeith Rankin (Giant Claw)主宰の〈Orange Milk〉からニューアルバム『fake meat』のリリース。rkss、Holly Waxwing、Seth Graham、Giant Claw、donnie fredericks、G.S. Sultan、Loto Retina、日本からtoiret status、Koeosaeme、woopheadclrmsらも参加した22曲入りのコラージュビート集『fake meat』に関してレーベルは、MadlibやJ Dillaのビートに、食品まつりやDJWWWWを混ぜ、さらにArca、SOPHIE、Elyisa Cramptonなどのクィアパワーをプラスさせたと称している。

 

今回、新たなプロジェクトrecovery girlをスタートさせ、〈DESKPOP〉からセルフタイトルのデビューEPをリリース。『Dark Web』を更新したとも称された『fake meat』のコラージュアートから一転、こちらではピッチシフター使いの強めでキャッチーなエレクトロニック、100 gecsにも通ずるポップネスを披露している。プロデュースはもちろん、ボーカルもgalen tipton自身によるもの。アートワークはtissue hunterとgalen tiptonが共同で手がけている。

 

 

 

recovery girl – “recovery girl”

 

1. big loud & violent

2. that girl is my world (you transphobic piece of shit)

3. recovery girl

4. lets go bitch

5. numbing gel

6. dont be my light

 

link : https://smarturl.it/recovery-girl

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2020/01/28

Marukido interview

闇とポップに向き合い続ける理由

 more

2020/01/27

「全く過去に結びつかない映画」|『ジェシカ』(原題:JESSICA FOREVER)review

今の感覚のカップルが作り上げた孤独な墓碑
 more

2019/12/28

「AVYSS ENCOUNTERS 2019」-DAY3-

2019年、印象に残った5曲 more