ENG JPN

Malibu interview

鳥の群れ、海に降るチェロの豪雨

 

 

dj lostboiとしてはバンクーバーの重要コレクティブ〈s.M.i.Le.〉にMix提供、『FOREVER FALLEN』『GOT LOST』などのセルフリリースも話題になった。Malibuとしての近年の活動としては、〈PAN〉の名作コンピレーション『mono no aware』への参加、〈Genome 6.66Mbp〉からリリースされたOrgan Tapesの『Into One Name』へゲスト参加、x/oのリミックスプロジェクト『cocoon egg remixed』に参加など。

 

Googleで探しにくいその名前。透明で寂しい音楽に恋をしたJulianna Barwickも、彼女を再び見つけるのに宝探しのようだったと説明している。〈UNO NYC〉と〈Joyful Noise Recordings〉のWhite Labelシリーズとして、Oliver CoatesとFlorian Le Priséも参加したデビューレコード『One Life』がリリースされたMalibuへのインタビュー。

 

 

– あなたの歴史を教えてください。

 

Malibu – 11月の水曜日生まれで、子どもの頃は雨の日にシルバニアファミリーのお家で遊んで、今は12月の浜辺が好きだったり夕日より朝日が好きだったりする、シンプルな人間です。

 

– どのようにして音楽を作るようになったのですか?

 

Malibu – 音楽の趣味が合う友達に出会ったから。二人とも壮大なアトモスフェリック・パッドや透明でリバーブのかかったボーカル、大げさなほどメロディアスな音楽がすごく好きでした。友達は当時曲を作っていて(今も作っているけど)、それで私もやってみたくなりました。それまで使ったこともなかったけど素晴らしい言語だと思いました。

 

– あなたはdj lostboiとしても知られていますね。2つの名義をどう使い分けているのですか?

 

Malibu – LBは基本的に優れた曲のリワークだけをやっている子で、曲はほぼサンプルだけでできています。で…私もサンプルはするけど、コーラス、波、風、自分のミックスをリップしたり…でも私は主にストリングスのアンサンブルコード進行を作って、ほぼ何にでもリバーブをかけまくって、あとはたまに静かな声で喋ったり歌ったりしています。

 

 

– アルバム『One Life』のコンセプトはありますか?

 

Malibu – 正直に言うと…コンセプトは全くありません。それと、曲名さえもレーベルにマスターを渡して曲名を訊かれるまで考えてもいませんでした。

 

– 『One Life』製作過程について教えてください。

 

Malibu – アルバム製作期間はマスタリング含めて約6ヶ月だったので、とにかく考えすぎないようにしようと決めていました。最初は6曲作っていたのですが、そのうち1曲を何度もやり直して、それは結局入れませんでした。迷う余裕はなかったので。この6ヶ月の間はチェロをオリバー・コーツに弾いてもらってとても幸せでした。私が求めるものを細かく文字にするのは難しかったので、全力でムーブメントのアイデア、イメージを説明しました(鳥の群れとか、海に降るチェロの豪雨とか…)オリバーは、ほとんど一瞬でそれを理解してくれました。オリバーのおかげでアルバムに命が吹き込まれたと思います。それ以外では、映画の「ピアノ・レッスン」や「ラブリーボーン」を思い浮かべて作っていました。夢の中で、この映画で私の曲が流れているようなイメージで (でも、どうせCocteau Twinsの”Alice”がもっと大きい音で流れてしまうんだけど)

 

 

– 普段は何をしていますか?

 

Malibu – YouTubeを見る、読む、言いたいことがあるときは書いたり、窓から空を眺めたり…かなり普通です。

 

– 今後の希望など考えていることはありますか?

 

Malibu – 近いうちに自分の曲をストリングスのアンサンブルと何度か演奏したいです。それから日本、アイスランド、ウェールズにも行きたいです (音楽のためでも、そうでなくても!)

 

『One Life』link : http://smarturl.it/malibu-one-life

 

 

<Original>

 

– Can you tell me about your personal history?

 

Malibu – Just a simple girl who was born on a Wednesday of November, grew up playing with a Sylvanian families house on rainy days, likes the beach in December, prefers sunrises over sunsets.

 

– How did you get into making music?

 

Malibu – Met someone who I related to musically ; we had the same love for big atmospheric pads, clear reverb vocals, overly melodious music. She made music back then (still does) and it made me want to try as well. I thought it was a great language i had never really tried to speak before.

 

– You are also known as dj lostboi. How do you differentiate the two artist names ? Spot the differences.

 

Malibu – LB is essentially a kid who only makes reworks of very good tracks and the music is almost exclusively samples. Well.. I sample as well—choirs, waves, wind and rip my own mixes—, but I mainly write string ensembles chord progressions, put tons of reverb of basically anything and talk or/and sing softly sometimes.

 

– What is the concept behind your album “One Life” ?

 

Malibu – To be honest…no concept at all. Did not even think once of titles until I had given the masters to the label and they asked for them.

 

– Please tell me the process of production of “One Life”?

 

Malibu – I decided I wouldn’t overthink anything as I had roughly 6 months to complete the record, mastering included. I was going with 6 tracks at frst, but kept going back on one in particular, which I didn’t include in the end as I thought didn’t have the luxury (or curse) to doubt. During these 6 months, I was blessed to work with Oliver Coates on cello parts ; as it is hard to write what I wanted precisely, I would try my best to explain an idea of movement, an image (like a swarm of birds, heavy cello rain at sea,…) and Oliver would get it almost instantly, and so quickly. He really brought life to the record. Other than that I would just have flms like The Piano or The Lovely Bones in mind while working, think of them like dreams and that my music would resonate in them (although Cocteau Twins’ Alice tends to resonate louder anyway).

 

– Usually what do you do?

 

Malibu – Watch youtube videos, read stuff, write things sometimes when I have something to say, look at the sky through my window….pretty uneventful things.

 

– What are your hopes and thoughts for the future?

 

Malibu – In the near future I hope to perform my music more than once with a strings ensemble. I also hope to visit Japan, Iceland and Wales (for music, or not !).

 

category:FEATURE

tags:

RELATED

FEATURE

2019/11/05

Malibu interview

鳥の群れ、海に降るチェロの豪雨

 

 

dj lostboiとしてはバンクーバーの重要コレクティブ〈s.M.i.Le.〉にMix提供、『FOREVER FALLEN』『GOT LOST』などのセルフリリースも話題になった。Malibuとしての近年の活動としては、〈PAN〉の名作コンピレーション『mono no aware』への参加、〈Genome 6.66Mbp〉からリリースされたOrgan Tapesの『Into One Name』へゲスト参加、x/oのリミックスプロジェクト『cocoon egg remixed』に参加など。

 

Googleで探しにくいその名前。透明で寂しい音楽に恋をしたJulianna Barwickも、彼女を再び見つけるのに宝探しのようだったと説明している。〈UNO NYC〉と〈Joyful Noise Recordings〉のWhite Labelシリーズとして、Oliver CoatesとFlorian Le Priséも参加したデビューレコード『One Life』がリリースされたMalibuへのインタビュー。

 

 

– あなたの歴史を教えてください。

 

Malibu – 11月の水曜日生まれで、子どもの頃は雨の日にシルバニアファミリーのお家で遊んで、今は12月の浜辺が好きだったり夕日より朝日が好きだったりする、シンプルな人間です。

 

– どのようにして音楽を作るようになったのですか?

 

Malibu – 音楽の趣味が合う友達に出会ったから。二人とも壮大なアトモスフェリック・パッドや透明でリバーブのかかったボーカル、大げさなほどメロディアスな音楽がすごく好きでした。友達は当時曲を作っていて(今も作っているけど)、それで私もやってみたくなりました。それまで使ったこともなかったけど素晴らしい言語だと思いました。

 

– あなたはdj lostboiとしても知られていますね。2つの名義をどう使い分けているのですか?

 

Malibu – LBは基本的に優れた曲のリワークだけをやっている子で、曲はほぼサンプルだけでできています。で…私もサンプルはするけど、コーラス、波、風、自分のミックスをリップしたり…でも私は主にストリングスのアンサンブルコード進行を作って、ほぼ何にでもリバーブをかけまくって、あとはたまに静かな声で喋ったり歌ったりしています。

 

 

– アルバム『One Life』のコンセプトはありますか?

 

Malibu – 正直に言うと…コンセプトは全くありません。それと、曲名さえもレーベルにマスターを渡して曲名を訊かれるまで考えてもいませんでした。

 

– 『One Life』製作過程について教えてください。

 

Malibu – アルバム製作期間はマスタリング含めて約6ヶ月だったので、とにかく考えすぎないようにしようと決めていました。最初は6曲作っていたのですが、そのうち1曲を何度もやり直して、それは結局入れませんでした。迷う余裕はなかったので。この6ヶ月の間はチェロをオリバー・コーツに弾いてもらってとても幸せでした。私が求めるものを細かく文字にするのは難しかったので、全力でムーブメントのアイデア、イメージを説明しました(鳥の群れとか、海に降るチェロの豪雨とか…)オリバーは、ほとんど一瞬でそれを理解してくれました。オリバーのおかげでアルバムに命が吹き込まれたと思います。それ以外では、映画の「ピアノ・レッスン」や「ラブリーボーン」を思い浮かべて作っていました。夢の中で、この映画で私の曲が流れているようなイメージで (でも、どうせCocteau Twinsの”Alice”がもっと大きい音で流れてしまうんだけど)

 

 

– 普段は何をしていますか?

 

Malibu – YouTubeを見る、読む、言いたいことがあるときは書いたり、窓から空を眺めたり…かなり普通です。

 

– 今後の希望など考えていることはありますか?

 

Malibu – 近いうちに自分の曲をストリングスのアンサンブルと何度か演奏したいです。それから日本、アイスランド、ウェールズにも行きたいです (音楽のためでも、そうでなくても!)

 

『One Life』link : http://smarturl.it/malibu-one-life

 

 

<Original>

 

– Can you tell me about your personal history?

 

Malibu – Just a simple girl who was born on a Wednesday of November, grew up playing with a Sylvanian families house on rainy days, likes the beach in December, prefers sunrises over sunsets.

 

– How did you get into making music?

 

Malibu – Met someone who I related to musically ; we had the same love for big atmospheric pads, clear reverb vocals, overly melodious music. She made music back then (still does) and it made me want to try as well. I thought it was a great language i had never really tried to speak before.

 

– You are also known as dj lostboi. How do you differentiate the two artist names ? Spot the differences.

 

Malibu – LB is essentially a kid who only makes reworks of very good tracks and the music is almost exclusively samples. Well.. I sample as well—choirs, waves, wind and rip my own mixes—, but I mainly write string ensembles chord progressions, put tons of reverb of basically anything and talk or/and sing softly sometimes.

 

– What is the concept behind your album “One Life” ?

 

Malibu – To be honest…no concept at all. Did not even think once of titles until I had given the masters to the label and they asked for them.

 

– Please tell me the process of production of “One Life”?

 

Malibu – I decided I wouldn’t overthink anything as I had roughly 6 months to complete the record, mastering included. I was going with 6 tracks at frst, but kept going back on one in particular, which I didn’t include in the end as I thought didn’t have the luxury (or curse) to doubt. During these 6 months, I was blessed to work with Oliver Coates on cello parts ; as it is hard to write what I wanted precisely, I would try my best to explain an idea of movement, an image (like a swarm of birds, heavy cello rain at sea,…) and Oliver would get it almost instantly, and so quickly. He really brought life to the record. Other than that I would just have flms like The Piano or The Lovely Bones in mind while working, think of them like dreams and that my music would resonate in them (although Cocteau Twins’ Alice tends to resonate louder anyway).

 

– Usually what do you do?

 

Malibu – Watch youtube videos, read stuff, write things sometimes when I have something to say, look at the sky through my window….pretty uneventful things.

 

– What are your hopes and thoughts for the future?

 

Malibu – In the near future I hope to perform my music more than once with a strings ensemble. I also hope to visit Japan, Iceland and Wales (for music, or not !).

 

2019/11/04

「Local X6 World Lotic – halloween nuts –」photo

10月26日、WWW Xで撮影
 more

2019/10/24

「Hot 10 artists from Russia and Ukraine」

ロシア・ウクライナ新世代10組を紹介
 more