ENG JPN

コンピレーション『Sound Journal: Do-Nothing』

アートパブリッシャーSlow Editionsから「何もしたくないときに聴く音楽」をテーマにしたコンピがリリース。

 

 

Slow Editionsは、カナダ出身のアーティストEunice Lukが設立した、トロント/東京をベースにするパブリッシャー。

 

今回、Slow Editionsからリリースされたカセットコンピレーションは「何もしたくないときに聴く音楽」をテーマに、夕方の犬(u ・ェ・)H. TAKAHASHIHegira MoyaEnduranceTakaoLieven Martens(Dolphins Into The Future)が新曲で参加している。

 

そもそもがアンビエントに合いそうなテーマではあるが、それぞれの個性がしっかり出た作品になっており、「何もしない」をするときに流してみるのはどうだろう。また環境音採集家ことイルカおじさんこと、Dolphins Into The FutureのLieven Martensが参加していることも目玉の一つである。

 

9/21から始まるNew York Art book fairにてリリース予定とのこと。またSlow EditionsのBanddcampでも購入可能。こちらをチェック。

 

 

V.A. 『Sound Journal: Do-Nothing』

カセット (w/DL)

Edition of 260

 

参加ミュージシャン:

夕方の犬(u ・ェ・)

H. TAKAHASHI

Hegira Moya

Endurance

Takao

Lieven Martens

 

企画:Masahiro Takahashi

デザイン:Eunice Luk

マスタリング:Kazuya Shiraishi (mmnr)

レーベル:Slow Editions

 

 

Slow Editionsは、カナダ出身のアーティストEunice Lukが設立した、トロント/東京をベースにするパブリッシャー。各国のアーティストと、アートブック、シルクスクリーン作品、ピンバッジ、Tシャツ、トートバッグなどを制作。NY、LA、東京、台湾などのアートブックフェアに参加している。

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2019/05/18

Hirakish interview

来日公演直前。LAのミステリアスアクトへ10の質問。
 more

2019/05/09

Koeosaeme interview

コエオサエメとオバニケシ。
 more

2019/05/07

Astma interview

彼女はチェーンソーの音を「山の叫び」と表現した。
 more