ENG JPN

$UICIDEBOY$、ニューアルバムリリース

$UICIDEBOY$の噂のアルバム『I WANT TO DIE IN NEW ORLEANS』をリリースした。

 

photo by MAXWELL MURDER

 

「30歳までに成功しなかったら自殺する」という名前の由来も有名な彼ら。日本での各ストリーミングサービスの反映に時間がかかったが無事に$UICIDEBOY$のニューアルバム『I WANT TO DIE IN NEW ORLEANS』を聴くことができた。

 

近年、USのトラップシーンにおいて、元々パンク、ハードコア、エモなどのバンド活動をしていたラッパーはかなり多い。上記の写真右のRubyもそのような道を辿ってラッパーになった人物。彼がメンバーだったVapo-Ratsはウィキペディアなどにパンクと記載されているが、聴いてみると初期はハードコアパンク、近年はメタリックなハードコアになっている。これはこれでかなりかっこいい。一方、写真左の様々な名前を持つ$crimは元々DJであり、曲も書いている。よく白目をしている方だ。

 

今回のニューアルバム『I WANT TO DIE IN NEW ORLEANS』、待った甲斐があったかもしれない。全体の抑揚の温度感が良く、リピートできるアルバムである。彼らが新しいフェーズに入るきっかけになるようなアルバムになった気がするが、どうだろうか。

 

多作な彼らの過去音源はBandcampで購入可能。こちらから。

 

今回のアルバムはCD、レコード、カセット、Tシャツとのセットでも購入可能。こちらから。

 

 

Tracklist

1. King Tulip

2. Bring Out Your Dead

3. Nicotine Patches

4. 10,000 Degrees

5. 122 Days

6. Phantom Menace

7. Krewe du Vieux (Comedy & Tragedy)

8. WAR TIME ALL THE TIME

9. Coma

10. Long Gone (Save Me From This Hell)

11. Meet Mr. NICEGUY

12. Carrollton

13. Fuck the Industry

14. I No Longer Fear the Razor Guarding My Heel (IV)

 

 

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2021/04/01

AVYSS GAZEとK/A/T/O MASSACREによるハイブリッド・コラボパーティーが開催

リアル、バーチャル、ARが重なり合う more

2021/03/26

奇妙で魅惑的なSmerzのサウンド

最新アルバム『Believer』でコテージコア、テクノラスト、2000年代のラップを融合 more

2021/03/17

留置所を経た唯一無二のスカム・ミューズ|Yoyouが、1st EP『PISS』をリリース

生活と感情、白昼夢のような虚構
 more