都市型屋内フェスティヴァル『FORTUNA 2024』開催

2024年2月24日 代官山UNIT、B1FLAT、SALOON

 

 

〈ANGRY WAVES〉が都市型屋内フェスティヴァル『FORTUNA』をローンチ。第一弾として2024224日に代官山UNITB1FLATSALOONをジャックして『FORTUNA 2024』が開催される。

 

– 以下、info –

 

これはどうやら「ダンス・ミュージックとバンドによるライヴのクロスオーヴァー・イヴェント」というお馴染みの物言いでは到底収まりきらないフェスティヴァルになりそうだ。明らかにこのヴォリューム感は正気の沙汰ではない。

 

しかも、往々にして見かける、列記されたアーティストたちに声がけをしたと想定される単一の人物のパーソナリティ「の・ようなもの」や、共通の信条・思想に収斂するような消失点の言明化、もしくは、いわゆる資本の乗り入れを見いだすこともできない。批評を望んでいるかのようにも見える過剰さと放逸さがここにはある。その「やり過ぎ感」は、もはや、このフェスティヴァルが、集まって同じ対象を享楽するオフラインのトポスとしての、いにしえの「現場」という概念を蘇生しようとしているのか、それとも自滅に走らせているのか見分けがつかないほどだ。

 

運営が7時間におさまるとしている、このラインナップに目をやると、いくつものハードコア・バンドやテクノのレジェンダリーなアクトとポスト・インターネット時代のアイコンがスタイルを異にしながらもギラギラと連なっているのが容易に見てとれる。トラップ・ミュージックの最高峰ビートメーカーのパフォーマンスによって引き起こされる騒乱、または、ダブの強烈な変異種たちによる圧迫、国内外の第一線で存在感を示すDJらによる一筋縄ではいかない快楽空間の創生、そしてノイズ・スカムミュージックによる撹乱と攻撃のアレンジメントが展開されるだろうことが予期される。もちろん、観察可能な瞬間はその限りではない。しかも、それらの観賞によって、空腹になったならば、スパイスの名店によって提供されるカレーを食すことだって可能なのである。

 

このフェスティヴァルは「エクストリーム」だ「ラウド」だ「トランス」だ「トリップ」だとか、「オタク」か「サブカル」か、などといった、もはや何の役にもたたないカタカナ語の形容詞による判断が自身に照射されることを許しながらも、そのような線引きを破壊する。━━もっと、ほかの言葉、もしくは、言葉にもならない感情を喚起するために━━そして、あなたはその「場」で引き裂かれながらも、突き抜ける自分を透視するだろう。熱狂しているフリをして延命をキメこむのも結構なことだし、自身の退屈と絶望の強度を試すのも、これまた然り、で、あって、文句はない。もちろん、生を肯定しまくってもらったって一向に構わないはずだ。要するにここに連ねられた言葉にだってたいした意味はないのだ。しかし、集合的な享楽の形成に向けた倫理的な一歩を模索しなくてはならないのも事実である。相当にワイルドなやり方でもって、フォルトゥナを引き寄せようではないか。

 

日本円の弱さも、空調の効いた会場で気の抜けた「過激さ」や「実験」を他人事のように快適に眺めることにも、ほとんどただの有酸素運動にしか見えないダンスに興じることにも無関心に見える、ある種の露悪さと倫理を内包したこのラインナップは、まさに「事件」である。これは、綺麗事やお題目による連帯の会合に出席して恍惚や安心感を受け取りに出向くこととは全く異なる。ジャンルやカテゴリーはもはや何ひとつ「良さ」を担保できないという情況にあってもかろうじて成立する、真理と技術のあいだにある努力━━ エンタメとアートの関係における思考停止の禁止━━を注視することを求めているのだ。これはお手軽な「情報」でもなければ、集まることが答えとなるような「祭り」でもない。これは2024年の「喧騒」のサンプルだ。そして、その提示がいかに稀有なことかは賢明なあなたはとうに知っているはずだ。

 

 

ANGRY WAVES presents

FORTUNA 2024

2024224()

代官山UNIT B1FLAT SALOON

open/start 22:00

 

 [act]

あらかじめ決められた恋人たちへ

ATSUKI

BBBBBBB

BLACK GANION

cyber milk ちゃん

deadfish eyes

ENDON

愛染 eyezen

FUJI TRILL

GOTH-TRAD

Karnage

公安

Mari Sakurai

moreru

なかむらみなみ

Omega Point : Live (DJ Nobu&DOLTZ, Bitta)

QUEER NATIONS

rokapenis   

Ryo Kinoshita from Knosis

SAIGAN TERROR

DJ TASAKA

TERMINATION

1-DRINK

7e

 

 [popup store]

SLAVEARTS®

 

 [food]

CURRY & SPICE 青い鳥

 

[ticket]

Early Bird Ticket (先着順): \5,000(税込)

2023128()17:00

https://eplus.jp/sf/detail/4008740001-P0030001

 

Adv.: \6,000(税込)

20231223()10:00

https://eplus.jp/sf/detail/4010000001-P0030001

 

[attention]

-本公演は深夜帯開催につき、20歳未満の方のご入場はお断りいたします。

本人及び年齢確認のため、ご入場時に顔写真付きの身分証明書(免許書/パスポート/住民基本台帳カード/マイナンバーカード/在留カード/特別永住者証明書/社員証/学生証)をご提示いただきます。

ご提示いただけない場合はいかなる理由でもご入場いただけませんので、あらかじめご了承ください。

-公演中の再入場は原則禁止とさせていただきます。

-開場前に店舗付近で騒いだり、通行者や周辺住民皆様の通行を妨害する様な行動はご遠慮ください。

-公演中の周囲や自身の身に危険な行動は禁止とさせていただきます。

なお、店内における怪我や事故、荷物の盗難等について当店では一切の責任を負いません。

-貴重品等はご自身の責任において管理してください。

 

X

https://twitter.com/fortuna2024

Instagram

https://www.instagram.com/fortunax2024/

Facebook

https://www.facebook.com/angrywaves3

 

総合問い合わせ

angrywaves3@gmail.com

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/02/28

リマの17才は夢を見る|Acid Stereo interview

ベッドルーム・レゲトン・パンクス more

2024/02/23

音楽の作り方も作りたい|Hyu interview

迷宮作品群を解読するコンピレーション
 more

2024/02/06

20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge more