幼い頃の私を守りたい|yeuleが新曲「sulky baby」をリリース

新たにNinja Tuneと契約

 

 

Nat Ćmielのプロジェクト、yeuleが〈Ninja Tune〉との契約を発表。合わせて2023年の最初の作品としてシングル「sulky baby」をリリース。MVはJaxon Whittingtonとの共同制作。この曲は2000年代のオルタナティヴ・ロックとシューゲイズをブレンドし、メランコリックな風刺を織り込んだものであると彼女は説明している。

 

Nat Ćmielは傷跡と呼ぶ日記のコレクションを保管している。「sulky baby」のために、yeuleは幼少期の回想の走り書きの言葉を声に出して歌い始めた。その中の1ページがシングルの初期バージョンとして生まれ変わった。日記の破れたページは破れた記憶のように、ページの死活を際立たせる。歌詞はその思い出をロマンチックに表現することで終結と癒しを得ることを目的としている。Jaxon Whittingtonが監督したビデオでは、幼少期の自分と向き合うyeuleの姿が視覚的に描かれている。

 

yeuleはこの曲に込められた意味について次のように語っている。「  “sulky baby” は、2000年代のアルトロックとシューゲイズのハイブリッドで、悲しい風刺に彩られているような曲だった。私は、幼い頃の自分に話しかけているような気がして、彼女が泣くのを止め、自分からその無邪気さを裏切り、ないがしろにしてきたことを振り返っていました。私は彼女を守れなかった。私は過去に戻り、彼女が飢えていたものを満たす必要があるように感じた。そうすれば、彼女は私の側に戻ってくることができる。そうすれば、私はまた小さな子供のように微笑むことができる。この曲は、私が感じていた憂鬱な気分を、まるで燃えるような情熱で鮮明に描写しているのですが、私はそれを明るいトーンで表現することを心がけました。ロマンチックになることは、必ずしも悪いことではないと思うんです。抑圧された記憶を扱うときに、そうすることで救われることもある。アドバンテッジド・デリュージョンというのでしょうか。そうすることで、思い出したくない自分の部分を思い出すことができ、彼女を安らかに眠らせて癒すことができることもあります。子供の頃、母に「拗ねていてはいけない」とよく言われた。だから、拗ねることは私にとって特別なことなんだと思います。」

 

 

 

yeule – sulky baby

Label : Ninja Tune

Release date : May 10 2023

Stream : https://yeule.lnk.to/sulkyYo

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/05/20

〈AVYSS Circle 2024〉追加出演者発表

NIGHTのTHREEにショットライブ追加 more

2024/05/09

下北沢にて2年ぶりのカムバック|サーキットイベント〈AVYSS Circle 2024〉開催

6/8(土) 4会場5フロア|AVYSS Cupも同時開催 more

2024/05/08

行こうぜ、日本!|KARAN! & TToten interview

ブラジリアンファンクは愛、音楽、ダンス、全て幸福に繋がる
 more