原始の祭をテーマに野外パーティー「Funkdemic」が開催

10/14 – 10/16 伊豆のシークレット会場

 

 

ダンスミュージックシーンに新しい価値観の感染を広げるパーティー〈Funkdemic〉が、10月14-16日に伊豆のシークレット会場にて初の野外パーティーを開催。

 

〈Funkdemic〉は世界的なパンデミックによって停滞したシーンに向け、新感覚の面白さをファンキーに感染拡大させていくパーティー。SLICKやFFKT、フジロックなど日本各地の主要フェス、野外レイヴを中心に装飾とライティングを務める東京・三軒茶屋在住のインチキプロデューサーが仕掛け人となり、2021年の始動から多彩なコンセプトで活動を進めている。

 

〈Funkdemic〉史上初の野外パーティーとなる今回のテーマは“原始の祭”。日本の古き良き祭文化と融合し、篝火と四方のスピーカーが取り巻く盆踊りスタイルのステージから国内外のワールドダンスミュージックが楽しめる演出を予定。VJやレーザーなどを使用せず、原生林が渦巻く自然環境を利用した原始的なアートが生み出される。ゲストには世界中のフロアを熱狂へと導いてきたフランスのGuido MiniskyとHervé CarvalhoによるデュオAcid Arabを迎え、Ethno bass musicの中心人物として世界的に認知されているRafael Aragonが待望の初来日。また、昨年発動されたSabi RecordsのLabel Showcaseに始まり、DJ Y(BOREDOMS)、Altz、7eや惨劇の森 (DJ Abraxas as Aquarium /Bushmind) (Phonehead / Ko Umehara)など比類なき数の夜を超えダンスへと昇華させるアーティスト達が集結する。

 

三軒茶屋の天狗食堂によるサポートのもと、お祭り感を盛り上げる各種フード/バー、鍼灸やリラクゼーション、シークレットサウナなどが出店。車だけでなく電車のアクセスも可能で、最寄りは修善寺駅となる。チケットはPeatixにて絶賛販売中。8月末までの早割、U-25チケットも用意されている。会場やアクセスルート、チケット情報などの詳細、金銭面で悩む若者は以下のメールアドレスよりお問合せください。

 

問い合わせ:funkdemicmusic@gmail.com

チケット:https://peatix.com/event/3303546

 

 

Funkdemic Open Air

10/14-16

IZU SECRET VENUE

OPEN12:00

START15:00

Sabi Records Opening Label Showcase

 

DJ:

Rafael Aragon

Akira Arasawa

Mamazu

shunhor

SUNGA

TAIHEI

 

DJ:

Acid Arab

ALTZ

CALPISS

Y

Kikiorix

Lily

Opus.

rinnai

SEKI HIDEKIYO

SUIMIN

7e

惨劇の森

(DJ Abraxas as Aquarium /

Bushmind) (Phonehead / Ko Umehara)

 

Decoration:

FORIE

SHINOBU HASHIMOTO

LOYALTY FLOWERS

密林東京

 

Lighting:

m.o.r.i. lighting designer

 

Sound Design:

HIRANYA ACCESS

 

Food&Drink

天狗食堂

コップでコパンダ

ダイトカイ

Knoe スパイスカレーノウ

Sugar Bar

Tiny Bird Coffee Service

提灯東京™

焼王

 

Shop

Retreat Salon Mimi

よすが光線 鍼灸気功療術院

 

Tent Sauna

シークレットサウナ”夢”JAPON

 

Supported by 天狗食堂

 

Artwork by Asuka Watanabe

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/02/28

リマの17才は夢を見る|Acid Stereo interview

ベッドルーム・レゲトン・パンクス more

2024/02/23

音楽の作り方も作りたい|Hyu interview

迷宮作品群を解読するコンピレーション
 more

2024/02/06

20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge more