ENG JPN

Dos Monosが作家・筒井康隆とのコラボアルバム『だんでぃどん』を発表

限定500枚のCD受注開始

 

 

これまでにもUKのロックバンド・black midiや、USアリゾナのHIP HOPグループ・Injury Reserveなどの音楽関係だけに止まらず、台湾のIT担当大臣・オードリー・タンとの共作などを発表してきたDos Monosが、新たに「時をかける少女」や「パプリカ」、「残像に口紅を」などの作品で知られる日本文学界の巨匠・筒井康隆とのコラボレーション・アルバム『だんでぃどん feat. 筒井康隆』のリリースを発表。

 

本作は「文學界」 2020年11月号に掲載された筒井康隆の短編「ダンシングオールナイト」と長編 「ダンシング・ヴァニティ」(2008)をもとに制作された、全編トータル20分にも及ぶ組曲編成の作品となっており、今回は全編のうちの冒頭約5分がDos Monosの公式YouTubeチャンネルで先行公開された。

 

 

更に本日からDos MoonsのオフィシャルサイトStore Dでは本楽曲を全編収録したCD作品(限定500枚)の受注販売も開始。

 

9月上旬には本楽曲のコア部分である楽曲「DOG EATS GOD feat. 筒井康隆」の配信リリースも予定されており、本プロジェクトの一部が徐々に垣間見れる仕組みになっている。また8月5日発売の「文學界」 2022年9月号ではDos Monosのリーダーである荘子itによる本プロジェクトの制作過程を語ったインタビューも掲載されており、本書がプロジェクトの概要を深く理解するための手引書としても機能している。

 

なお、楽曲には筒井康隆本人の朗読に加え演劇団体「マームとジプシー」の青柳いづみが参加。筒井康隆の書き記した文字が巨大な化け猿に変貌する様を描いた本作のジャケット・アートワークは映像クリエーターとしても知られるFranz K Endoが担当した。

 

 

Dos Moons – だんでぃどん feat. 筒井康隆

受注販売サイト : https://dosmonosjp.stores.jp/

※CDの発送は9月〜10月を予定しています。

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/12/09

DYGL interview

結成10年を迎えて共有されるバンドの現行ムード
 more

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more