ENG JPN

ohianaがアナログ/デジタルコラージュ作品展「Burn to shine」を開催

バッドテイストの現在

 

 

グラフィックアーティストohianaの個展「Burn to shine」が大阪POLで6月10日から6月26日まで開催。

 

大阪では初個展となる本展では、主にアナログ/デジタルコラージュ作品が並ぶ。ハードコアとサイケデリックをごちゃ混ぜに切り貼りした土俵でGeek(もしくはNerd?)と獣の合いの子が乱舞する世界観は、バッドテイストの現在(いま)

 

 

2021年の12月10日の21時前。

 

東京での個展開催中に駅へ急いで走って行く途中に縁石に足を取られ空中で一回転し膝から落ちてしまい膝の皿を割ってしまった。

 

それから長い入院生活が始まり、病院内のコンビニのコピー機とスキャナーを使っての制作の日々が続いた。

 

病室のベッドの上はコラージュの切れカスでいっぱいになり、 看護師には白い目で見られていた。

 

怪我をした事、現実、最悪な自分etcあげたらキリがない辛い日々から唯一抜け出すための手段が何か作る事だった。

 

ただ夢中に無心になれた。

 

だけど今も自分が何か作る事が自分の人生を好転させる事なのかはわからない。

 

ただ燃えるような衝動性に委ねて彷徨い続ける人生の記録。

 

—— ohiana

 

 

Pulp presents

ohiana 個展

「Burn to shine」

2022/6/10(金) – 6/26(日) ※水,木休み

12:00-19:00

at POL (大阪市中央区谷町6-18-29 2F / カレー屋”アララギ”上)

http://pol2020.jp/

 

6/10(fri)Opening

19:00 start

出演者

ディナミシャイスケ

PULASEI

 

6/11(sat)

Hello Kiddy’s Nail

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/06/07

dariacoreは(きっと)蘇る|ネットミームとしてのサンプリング音楽考

dariacoreは死んだのか more

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more