ENG JPN

DSXTXが新作ミックステープ『NEW NAME BUT AS USUAL』を発表

D-SETOから改名後初の新作

 

 

アメリカ南部のギャングスタ・ラップからの影響を打ち出したスタイルで注目を集めるラッパーD-SETOがDSXTX(読み:ディーセト)に改名。新たな名義での初作品となるミックステープ『NEW NAME BUT AS USUAL』を3月26日にリリースする。

 

現在は東京を拠点に活動するDSXTXは、2010年代から多くのリリースを重ねてきた国内屈指の多作なラッパー。昨年には岡山のビートメイカーのKVY DIXGO(現KAY DIEGO)とのタッグ作「UNDERGROUND TAPE VOLUME 2」やソロ作「BRUTAL NIGHTMARE vol. 2」などをリリース。昨年12月には018との連名でのシングル「FLAT OUT」を発表し、SpotifyやApple Musicの公式プレイリストにも多く収録され話題を呼んだ。

 

今回のミックステープ『NEW NAME BUT AS USUAL』は、タイトルにもあるようにこれまでD-SETO名義で発表してきたものと同じ空気が通った作品。プロデュースはKAY DIEGOが最多6曲を手掛け、不穏なバウンスや哀愁メロウ、Gファンクといったギャングスタ・ラップマナーのビートを提供。そのほか前作「BRUTAL NIGHTMARE vol. 2」などにも参加していたCRIMSXN、フォンク系プロデューサーのBuntaSparksがメンフィス的なビートを制作している。客演にはYvngboi Pとのタッグ作「F’s Uppp 2」が昨年話題を集めたFreekoyaBoiiiが参加。DSXTXは迫力あるフロウや淡々としたフロウなど多彩な引き出しを披露し、ラフな魅力を備えた作品に仕上げている。

 

 

DSXTX – NEW NAME BUT AS USUAL

Release date : 26 March 2022

Stream : https://linkco.re/18HR127z

 

Tracklist

1.Pure Ana(Prod.CRIMSXN x BuntaSparks)

2.Reaper(Prod.CRIMSXN)

3.KOEDAME(Prod.KAY DIEGO)

4.M10 JP FLOW FREESTYLE(Prod.KAY DIEGO)

5.チェックイン Feat.FreekoyaBoiii(Prod.KAY DIEGO)

6.kudara(Prod.KAY DIEGO)

7.yogiri(Prod.KAY DIEGO)

8.Slow Down pt.3(Prod.KAY DIEGO)

9.Haaah?(Prod.CRIMSXN)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more

2022/04/19

AVYSSのコラボアパレルシリーズ新作が発売開始

Telematic Visions、Yoyouとコラボレーション more