ENG JPN

十三月の呼びかけによる街宣『No War 0305』、新宿駅南口に約1万人集結

寄付は全てウクライナ人道支援に充てられる

 

 

 

ウクライナ侵略によって傷つき、危機的な状況に置かれているあらゆる人たちへのサポートと寄付を募るため、GEZAN主宰レーベル〈十三月〉の呼びかけに賛同したアーティストらによるライブとスピーチによる反戦街宣『No War 0305 Presented by 全感覚祭』が3月5日に新宿駅南口にて繰り広げられた。

 

午後12時30分、「暴力には暴力で対抗する以外の可能性をみんなで考えたい」という篠田ミル(yahyel)の開会宣言からはじまり、トップバッターのカネコアヤノへ。その後もライブとトークが交互に進行され、ラストのGEZANライブ、そして津田大介、折坂悠太、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)による締めのクロストークまで、午後6時過ぎまで続いた街宣におよそ1万人が集結。その様子は十三月とポリタスTVのYouTubeにてそれぞれ生配信され、常時およそ4000人が視聴。「No War」という1点を軸に連帯を示した。

 

さまざまなアートワークが有機的にコラージュされ、花が生けられた象徴的な仮設ステージは多くのボランティアスタッフの力を借りて当日の早朝から組み上げられた。また、当日までに募集され、会場で掲げられたプラカードのデザインは下記インスタグラムにて公開されている。

 

https://www.instagram.com/no_war_0305/

 

主催の十三月はウクライナ人道支援に繋がる8つの団体を紹介したQRコード付きのチラシにて直接の寄付を呼びかけ、さらに当日街頭で募ったドネーションにも約300万円が集まり、これらを全てウクライナ人道支援にあてることを発表。また同時に、ステージ設営や印刷費、交通費など、今回の街宣にかかった必要最低限の運営経費を募っている。

 

▼『No War 0305』運営への寄付宛先

銀⾏名:PayPay銀⾏(0033)

銀⾏⽀店名:ビジネス営業部(005)

⼝座:普通: 4026231

⼝座名義:ド)ジュウサンガツ

 

 

 

▼『No War 0305』概要

#NOWAR0305

「No War 0305」と題して、新宿南口にて戦争反対とウクライナ侵略によって傷ついた人たちのサポートを呼びかけます。

―――

2022年3月5日(土) 12:30-til sunset

会場 : 新宿駅南口

ステートメント

https://gezan.net/2022/03/post-2820/

Presented by 全感覚祭

―――

【内容】

No War. 戦争反対。

プーチン大統領が起こしたウクライナ侵略によって傷つき、危機的な状況に置かれているあらゆる人たちへのサポートと寄付を呼びかけます。この状況に対していまだ言葉にならない漠然とした思いを持っている全ての人たちと共に、この場を持ちたいと思います。

 

【アピール】

Hanna  Frolova(モデル・東京在住ウクライナ人)

折坂悠太

アンナ(会社員/東京在住ロシア人)

七尾旅人

永井玲衣(哲学研究者)

坂口恭平

辻愛沙子(株式会社arca CEO)

大友良英

切腹ピストルズ

カネコアヤノ

中村涼香(KNOW NUKES TOKYO共同代表)

原田郁子(clammbon)

篠田ミル

津田大介(ジャーナリスト / メディア・アクティビスト)

踊ってばかりの国

井上榛香(ライター)

テニスコーツ

坂本龍一(メッセージ代読)

GEZAN

 

【会場・アートワーク提供】

北山雅和

Akira the Hustler

竹川宣彰

大澤悠大

佐藤重雄

今井俊介

チョン・ユギョン

大塚隆史

パク・サンヒョン

谷澤紗和子

BuBu de la Madeleine

げいまきまき

森隆司

川名潤

石黒恵太

COLD VVAR

薮内美佐子

山/完全版

今井健太郎

平野太一

青木陵子+伊藤存

竹﨑和征

碓井ゆい

島崎ろでぃー

Loneliness Books

阿部海太 / 阿部航太

工藤夏海

長谷川唯

キム・ミョンファ

semimarow

奈良美智

 

 

【寄付の説明と寄付先一覧】

 

戦争は人の命を奪い、人の暮らしを奪います。ウクライナ国内では軍事施設だけでなく、住居、学校、病院・衛生施設までもがロシア軍によって攻撃されています。爆撃だけでなく、食料や水の不足によっても市民の命が危険にさらされています。

 

一方で、国外に避難した人たちも同様に、困難な状況に置かれています。国連によると、すでに100万人以上がウクライナから隣国へ避難し、今後400万人以上が難民となるおそれがあります。その多くは子どもや女性です。避難先ではまず衣食住が保障されなければなりません。そして、精神的なケア、性暴力や搾取からの保護、性的マイノリティへの差別や人種・民族差別のない安心できる居場所の提供なども必要です。日本で暮らす私たちは寄付という形で困難な状況にある人たちをサポートすることができます。戦争が人間の命を奪うなら、私たちは人間の命を支えましょう。以下にあげる寄付先は、すべて人道支援が目的とされた団体です。

 

・在日ウクライナ大使館

大使館への寄付は避難者の生活支援、インフラ復旧、住宅再建などに使用し、武器には使われないと説明しています。

三菱UFJ 銀行

広尾支店 047

普通

口座番号0972597

エンバシーオブウクライナ

 

・ユニセフ「ウクライナ緊急募金」

ウクライナにおける継続的な人道支援。クレカや携帯キャリア決済などで寄付ができるほか、郵便局窓口からの振込みもできる。楽天ポイントによる寄付も可能(詳細は楽天クラッチ募金サイト)。

https://www.unicef.or.jp/news/2022/0043.html

 

・UNHCR

国連の難民支援機関。難民・避難民の保護と支援。クレカ、コンビニ払い、ゆうちょ銀行などで寄付ができる。楽天ポイントによる寄付も可能(詳細は楽天クラッチ募金サイト)

https://www.japanforunhcr.org/campaign/ukraine

 

・ピース・ウィンズジャパン

国内外で人道支援や災害支援を行う団体。ウクライナ国内の支援団体と提携し、医療物資などを提供。クレカ、銀行・郵便局振込みで寄付が可能。

https://peace-winds.org/support/ukraine

 

・Insight Ukraine

あらゆる社会的属性の平等のためのウクライナの団体。サイトはウクライナ語と英語(ページ最下部より寄付ページへ)。クレカ、グーグルペイなどで寄付が可能。

https://www.insight-ukraine.org/

 

・Fight for rights

ウクライナの障害者支援団体 。サイトはウクライナ語と英語(ПІДТРИМКА У КРИЗІ / SUPPORT PWDS IN CRISISより寄付ページへ)。クレカ、グーグルペイなどで寄付が可能。

https://ffr.org.ua/support-in-crisis

 

・Voices of children

ウクライナの戦禍の子どもたちのサポート。主に心理的、心理社会的支援。サイトはウクライナ語、英語、ドイツ語、スペイン語。クレカ、グーグルペイなどで寄付が可能。

https://voices.org.ua/en/

 

・uahospitals

ウクライナの医療機関の支援窓口。ウクライナ各地の病院への医療資源の提供。サイトは英語。クレカによる寄付が可能。

https://4agc.com/fundraiser_pages/e9aca7e4-13d5-4e67-b6bd-548f94822793#.YhjmJ5PP0bn%E2%81%A0

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more

2022/04/19

AVYSSのコラボアパレルシリーズ新作が発売開始

Telematic Visions、Yoyouとコラボレーション more