日本の女性ラッパーに焦点を当てた書籍『わたしはラップをやることに決めた』発売

マッチョなヒップホップをアップデート

 

 

ヒップホップやラップミュージックを中心とした音楽、カルチャー領域にて執筆する分筆家「つやちゃん」による日本の女性ラッパーに焦点を当てた本邦初の書籍『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』が1月28日に発売。日本のラップミュージック・シーンにおいて、これまで顧みられる機会が少なかった女性ラッパーの功績を明らかにするとともに、ヒップホップ界のジェンダーバランスおよび「フィメールラッパー」という呼称の是非についても問いかけている。

 

社会やシーンへの問題提起を含むパフォーマンスで話題を呼ぶZoomgalsの発起人・valkneeとフィメールラッパーの草分け的存在COMA-CHIの9,000字インタビューを収録。当事者たちの証言から、ヒップホップの男性中心主義的な価値観について考える。

 

さらに、RUMI、MARIA(SIMI LAB)、Awich、ちゃんみな、NENE(ゆるふわギャング)、Zoomgalsなど、パイオニアから現在シーンの第一線で活躍するラッパーまでを取り上げた論考に加え、〈“空気”としてのフィメールラッパー〉ほかコラム収録。2021年リリースの最新作品まで含むディスクガイド(約200タイトル)も併録。安室奈美恵、宇多田ヒカル、加藤ミリヤ等々の狭義の“ラッパー”に限らない幅広いセレクションを通してフィメールラップの歴史がみえてくる。

 

また、「HIP HOP DNA」等のMCとして知られる渡辺志保、スポティファイの大人気番組「POP LIFE: The Podcast」でホストを務める三原勇希が推薦文を寄せている。

 

「著者のつぶさな考察は、日本のラップ史に存在してきた彼女たちに贈られる大きな花束となる」

――渡辺志保

 

「彼女たちの戦いの軌跡とリアルな言葉があったから、今日も私は、私でいられる」

――三原勇希

 

 

 

 

 

『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』

つやちゃん[著]

四六判・並製・280ページ

本体2,200円+税

ISBN: 978-4-86647-162-4

1月28日(金)発売

発行元:DU BOOKS 発売元:株式会社ディスクユニオン

https://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK320

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2024/04/12

「森、道、市場 2024」にてAVYSSプレゼンツ「AVYSS Pack」が開催

5月25日 MORI.MICHI.DISCO.STAGE (遊園地エリア) more

2024/04/08

私達と友人の為の超解放安全空間を目指して|SUBCULTURE interview

レイヴ好き少年2人による幻想成長物語
 more

2024/04/02

『Epoch』を巡るPhoto Dialogue|松永拓馬 interview

自宅、機材、本、母校、シークレットレイヴ
 more