ENG JPN

西アフリカの季節、グライムへのトリビュート|Kleinが新作アルバムを発表

始まりと終わりに対する反乱のサウンドトラック

 

 

ロンドンのマルチディシプリナリーアーティストKleinが、新作アルバム『Harmattan』をクラシック音楽の名門レーベル〈Pentatone〉よりリリースすることを発表。

 

西アフリカの季節に由来するタイトルを持つ今作は「子供の頃から現在までの個人的な旅」と表現されている。ジャズにインスパイアされたピアノの即興演奏から始まり、少しづつアンビエントの領域を広げ、クラシック音楽の概念を拡張させるような展開を見せる。また、ウェールズ出身のシンガーCharlotte Churchや、ロンドンを拠点とするグライムMCのJawninoが、収録曲「skyfall」で参加。

 

今作のリードトラックとして「hope dealers」のヴィジュアル作品が公開。この曲は「グライムへのR&Bトリビュートソング」と紹介されており、具体的にはイギリスのグライムシーンに特化したテレビ番組「Channel AKA」や児童文学作家のMalorie Blackmanへのトリビュートであると説明されている。Klein自身はこの曲について「自分の居場所がないと感じていた子供達」とコメントしている。

 

 

詩人で評論家、理論家であるFred Motenは、このKleinのアルバムを次のように紹介している。

 

「”Harmattan” は、始まりと終わりに対する壮大な反乱のサウンドトラックであり、閉じ込められたドリルは、コミュニケーションから解放され、豊かで束縛のない共有へと再放出されます。アルバムは停止したり開始したりしながら、いくつかの非開始を経て拡張していきます。複数の楽器を操るKleinは、ニューヨーク、上海、シドニー、南アフリカ、東京、ロンドンで演奏してきましたが、拠点であるロンドンは訪問先が移動する交差点のようであり、すべての道はそこにつながり、そこで曲がることができる。それは私たちへのオマージュです。ブラス、オルガン、ハーモニカ、破れたブロケードや砂など、西アフリカの季節のように、我々が都市を行進するときにどのようにそれが聴こえるかで、地球は正方形に変わります。」

 

 

 

 

Klein – Harmattan

Label : Pentatone

Release date : 1 November 2021

Buy : https://klein1997.bandcamp.com/album/harmattan

 

Tracklist

1. for solo / piano

2. roc

3. trapping in C major

4. unknown opps

5. the haunting of grace

6. ray

7. made for ibadan

8. skyfall feat. Charlotte Church & Jawnino

9. not a gangster but still from endz

10. hope dealers

11. champion

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/09/14

JUMADIBA Interview|自分らしく、地図を広げて

“自分だからこそできることをやる” more

2021/08/27

〈Mizuha 罔象〉がコンピレーションアルバム『Biosphere』を発表

人類誕生前の地球の記憶 / 再構築されるノスタルジア
 more

2021/08/17

RIA interview

9つのテーマについてのQ&A more