ENG JPN

若さを祝福し、愛を嘆く|Pretty Sickが2nd EP『Come Down』をリリース

NYのネオグランジバンド

 

 

ニューヨークを拠点にモデルとしても活動するSabrina Fuentes率いるバンドPretty Sickが、先行シングル「Bet My Blood」を含む2nd EP『Come Down』を〈Dirty Hit〉よりリリース。合わせて収録曲「Physical」のMVを公開。

 

Pretty Sickは、Stussy、Alyx、Converseなどのモデルも務めてきたベースボーカルで現在20歳のSabrina Fuentesが、当時13歳のときに結成。メンバーチェンジを経て、現在はジャズグループOnyx CollectiveのドラマーAustin Williamson、元The VirginsのギタリストWade Oates、Sabrina Fuentesが大学の音楽プログラムで知り合ったOrazio Argenteroが参加している。現代のセックスと愛の複雑さ、問題を抱えた人間関係などをテーマした今作では、若さを祝福し、愛を嘆く、ニューヨークに住む若者の人生の瞬間を捉え、これまでのグランジサウンドを軸に混沌と神秘的なエネルギーを封じ込めている。

 

 

Pretty Sick – Come Down

Label : Dirty Hit

Release date : 17 June 2021

Stream : https://prettysick.ffm.to/comedown

 

Tracklist

1. Dumb

2. Bet My Blood

3. She

4. Self Control

5. Pillbug

6. Bare

7. Devil In Me

8. Physical

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2023/01/16

理性が焼き切れる瞬間まで|FELINE interview

1/20 SPREADにて初ワンマン開催
 more

2022/12/27

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.3

2022年印象に残った5作品 more

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.2

2022年印象に残った5作品 more