ENG JPN

不可解さと悲哀の組曲|Vanity Productionsがニューアルバム『But All Spiked』を発表

10月16日リリース

 

 

コペンハーゲン拠点のアーティスト、Christian StadsgaardのソロプロジェクトVanity Productionsがニューアルバム『But All Spiked』を10月16日にリリースすることを発表。

 

自身とLoke Rahbekが運営するレーベル〈Posh Isolation〉からリリースされる今作は5つの楽曲からなる組曲。様々な音響環境の中で、微妙に変化していき、時折、あからさまに不可解な雰囲気を漂わせながらも、楽曲の中心となるリフレインを変調させていく。それぞれが異なる意図を持ち、アメリカのミニマリストの影響も内包している。

 

今作からジョージアの映像作家Nia Gvatuaが監督を務め、ダンサーのPhilip Fedulovをフィーチャーした「But All Spiked」の映像作品が公開。Nia Gvatuaはジョージアの首都ティビリシで唯一のLGBTQ+バーのオーナーであり、その活動はVogueにも取り上げられ、注目されている。

 

 

 

Vanity Productions – “But All Spiked”

Label : Posh Isolation

Release date : October 16 2020

Bandcamp : https://vanityproductions-poshisolation.bandcamp.com/album/but-all-spiked

 

Tracklist

A1 / 1. White Ribbons On The Ceiling

A2 / 2. Hair Painted With Copper

A3 / 3. Devils On The Back

B1 / 4. Marble Collar

B2 / 5. But All Spiked

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more

2022/10/19

AVYSS Circle x NEWVIEW CYPHER REPORT – a子とe5のまなざしから

ライブ+AR体験レポート
 more