ENG JPN

“DJののの”としても活動するバイレファンキかけ子が初のEP「TóquioBug」を発表

7月13日リリース

 

 

「DJののの」としても活動するバイレファンキかけ子が、トラックメーカーとして初のEP『TóquioBug』を7月13日にリリースする。

 

その名の通りバイレファンキを基調としたトラックに、valknee、PAKIN、田島ハルコ、AWAZARUKASらのラップが乗るスタイルが展開される。主張が強いキックとシンセ、それらに負けず劣らずインパクトが強いボーカルトラックを丁寧にかつ衝動性を保った状態で配置し、共存させている。また、リミキサーに、ブラジルのバイレファンキアーティストとの共作も発表しているBruno Uesugiを迎えている。本作のタイトル”TóquioBug”は、ブラジルを本場とする音楽バイレファンキが、遠く離れた東京で、 まるでバグのように独自のスタイルで発生した様を表しているとのこと。

 

尚、本作の収益は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により深刻な被害を受けているブラジルのファベーラ(バイレファンキにとっても重要な場所)の住民を支援するNGO団体「Gerando Falcoes」に寄付される。

 

 

バイレファンキかけ子 – “TóquioBug”

Release date : July 13 2020

 

Tracklist

01. BOASTING BABY feat. valknee

02. Icchoku=Senn feat. PAKIN

03. KittySandal feat. 田島ハルコ

04. 俺は寄居町のラッパー feat. AWAZARUKAS (BAILEFUNK MIX)

05. BOASTING BABY (Bruno Uesugi Remix)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more