ENG JPN

Nozomu Matsumotoによる『Sustainable Hours』のサウンドトラックがリリース

アートワークはNile Koetting

 

 

Nozomu Matsumotoは東京を拠点にするサウンドアーティストであり、バーチャル聴覚室「EBM(T)」とアートフェス「インフラ INFRA」の共同設立者ある。

 

Nozomu Matsumotoが『Climatotherapy』に続き、再びBoomkat傘下の〈The Death Of Rave〉から作品をリリースした。本作は2016年にメゾンエルメスにて開催されたNile Koettingのインスタレーション『Sustainable Hours』のサウンドトラックとなる。Nozomu Matsumotoにとって、2作目のレコードは300枚限定。アートワークもNile Koettingが手がけている。パンクバンドの歌詞の朗読がアンビエントトラックの中で響く。

 

 

 

Nozomu Matsumoto – Sustainable I (Soundtracks For Installation By Nile Koetting)

Label : The Death Of Rave

Release date : April 30 2020

https://boomkat.com/products/sustainable-hours

 

Tracklist

1. Sustainable III

2. Sustainable II

3. Sustainable I

4. Evening / Civil Twilight to Nautical Twilight

5. Night / Disco

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2020/09/18

AVYSS GAZEが、JUN INAGAWA、BBBBBBB、Masatoo Hiranoとのコラボアイテムを公開

トレイラーや仮想世界URLも公開 more

2020/09/17

Mass Infection Virtual Gig Report

JUBEEがバーチャル空間で見せた新しいエンターテインメントの可能性
 more

2020/09/10

AVYSS GAZEが渋谷PARCOとSUPER DOMMUNEをバーチャル化してハイブリッドパーティーを開催

9月18日開催 more