ENG JPN

空間現代が新作公演『象』を制作拠点である「外」にて開催

3月26日~28日開催

 

Photo by Mayumi Hosokura

 

2019年は7年ぶりのオリジナルアルバム『Palm』をリリースした空間現代が、『擦過』(2016)、『オルガン』(2017)に続く長編楽曲3作目『象』を制作拠点でもある「外」で開催。

 

音楽の形と、その奥にある無形の運動性を辿る1時間。そこで聴こえているものと、そこには現れていないものへの眼差しを、「すがた・形」という意味に転化した「象」という巨大動物を示す言葉から、見つめ返します。

 

Photo by Teppei Sako

 

2020年3月26日-28日

空間現代 新作長編 『象』

開場 19:30 開演 20:00

予約 2,000円 当日 2,500円

 

*学生証提示で予約・当日ともに1,500円

公演詳細:http://soto-kyoto.jp/event/2003/

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more