ENG JPN

HEAVEN interview

ミックスカルチャーから生まれた天国

 

 

今からさかのぼること約1300年前、かつて日本の都は奈良にあった。そして2020年現在、日本の都は東京であり、様々なカルチャーシーンの発祥地としても長い間君臨し続けている。テクノロジーの発達により、誰もがコンテンツを消費したり発信したりと、各々が指先ひとつで自分の都を築ける時代になった昨今。だが、いつの時代も東京の名を冠した作品が生まれるように、いまだに都という地が形骸化することはない。

 

その一方、かつての都を取り戻す勢いで新たなシーンを築き上げているのが奈良発のコレクティブ、〈HEAVEN〉だ。RY0N4、清水エイスケ(Age Factory)、Lil Soft Tennisなど関西のアーティストを中心に結成された〈HEAVEN〉は、楽曲のプロデュースからパーティーのオーガナイズ、グラフィックデザインなどを手掛けるアーティスト集団。2020/5/5(火・祝)、CCO クリエイティブセンター大阪(名村造船所跡地)にて開催されるAge Factoryプレゼンツのイベント『NOVA CITY』の運営にも〈HEAVEN〉として携わっている。奈良 × ロックバンドという独自のカラーを生かしながら幅広く活動する彼らが描く展望について、RY0N4、Age Factoryの清水エイスケ、西口直人の3人が対談した。

 

Text by yukinoise

Photo by Kazma Kobayashi (Bearwear)

 

 

– HEAVENのはじまりと、名前の由来を教えてください。

 

RY0N4:1年前くらいに俺がHELL’S CLUBっていうヒップホップやテクノのDJ、古着とかカルチャーを集めてみんなが楽しめるようなパーティーをやってたのがきっかけ。地元で仲がいいエイスケくん(清水エイスケ)も一緒にやろうやって声かけたとき、名前を変えようやってなって。HELLより怖そうな単語を探したらHEAVENになった。

 

 

清水エイスケ(以下:清水):HEAVENのほうが逆に怖くね?みたいな。

 

RY0N4:エイスケくんがそれ言ったとき、HEAVENって書いてあるTシャツ着ているやつが前から歩いてくる想像したらかっけーって2人で盛り上がったし。しかもさ、スペルのかたちもめっちゃかっこいいし、俺らが求めてるものは結局HEAVEN=天国やしなって決まった。

 

西口直人(以下:西口):俺も最初名前聞いたとき最高やなーって思った。USのパーティー『HEAV3N』も好きやったし。

 

 

RY0N4:ただ、名前を決めたときエイスケくんが盛り上がって煙草の灰で壁にHEAVENって書いたのは普通に引いたな~。

 

清水:字面が見たかったけどその場にペンがなかったから、とりあえず煙草の灰で書いてみた(笑)

 

– 本人不在ですが、メンバーのLil Soft Tennisとはどういう経緯で出会ったんですか?

 

RY0N4:去年SUPER SHANGHAI BANDとBearwearの2バンドとツアーしたときにTwitterで見つけた。SoundCloudにアップされてたLil Yachtyのバンドカバーを聴いて声をかけたんだけど、実際に話してみたら案の定ド変態で。その後「やばいやついる!」ってみんなのところ連れてって、そこからプロデュースし始めた。

 

 

清水:曲を最初に聴いたときはそんなに反応せんかったとけど、2度目に持ってきた「season」て曲聴いたときはめっちゃかっこいいなって思った。EP『Feelin Love』を出したいってRY0N4から言われたときもすごい反応できたし。

 

RY0N4:俺らはバンドマンやけどヒップホップも好き、そこをすべてクリアしてきたアーティストがLil Soft Tennis。

 

 

清水:実際ギター弾いて曲作りしたときも俺らと同じスピード感を感じたし、すごい共感したってか新しい存在だと思った。HEAVENとしての方向が決まったのもLil Soft Tennisのおかげかも。

 

RY0N4:HEAVEN始めてから見つけたけど、ぶっちゃけあいつおらんかったら何も始まってなかったかもしれへんな(笑)

 

– HEAVENの核はLil Soft Tennisなんですね、そのほかにメンバーはいるんですか?

 

RY0N4:一応、今は俺とエイスケくんとLil Soft Tennisやけど、ナオティー(西口直人)も今後『nerdwitchkomugichan』名義でDJやトラック制作の活動をHEAVENでやっていく予定。

 

西口:元々DJには興味あったし、ナードコアやアニソンリミックスが好きだったけど、ロックバンド周りではあんまりおらんかったやろうかなって。去年の10月に幡ヶ谷ForestlimitでDJやったときも、ちょうど同じイベントに出てたRY0N4から「HEAVENとしてやってこうや」って声かけてくれた。そのあともHEAVENのパーティーでにDJとして出演してる。

 

 

– HEAVENの活動は普段のアーティスト活動とは別ですか?

 

西口:HEAVENのパーティーにもAge Factoryとして出演しているし、そんな区別はしてないと思う。

 

RY0N4:普段やってることをより高めていく、やりたいことをできるようにするための集団がHEAVENって感じ。Age Factoryのニューアルバム『Everynight』のジャケットデザインも俺がやってるしな。

 

清水:今回のジャケットデザインがまさにそうで、意思疎通が図れたりセンスが信じられたりするような相手が近くにいると、自分の出したいものが一番ピュアに出せる。そんな最高の環境がHEAVEN。

 

– 多くのコレクティブが存在する中で、HEAVENとしての特徴や強みはありますか?

 

清水:フロムロックバンドってところかな。俺らにはロックから生まれたものを信じている部分があるから、そこが他のコレクティブの違いというか特徴かも。

 

 

RY0N4:俺らのやってることに特殊性がなくとも、自分たちなりのアイデンティティは持ってるな。Tyler, The Creator率いるOdd Future(OFWGKTA)から影響を受けてクルー組もうやってなったのもあるし、去年Mall Boyzに初めて会って彼らの動きを見たときも近いものを感じて、そこから俺らのやるべきことを見つけたりもしたけど。

 

西口:Age Factoryはロックバンドとしてフェスに出たり、RY0N4はヒップホップのイベントに出たりしてるから、他に比べてカルチャーをミックスしてるなと思う。

 

RY0N4:ハードコアパンクのシーンにおけるみんなで暴れたり楽しんだりするって姿勢も好きだし、そういう色んなエネルギーを集めてやっていきたいのが俺らやな。

 

清水:ロックバンドのお客さんをキッズって呼ぶように、HEAVENでは俺ら演者もキッズでありたい。キッズは光ってるからなー(笑)

 

RY0N4:結局のところ、俺らは流れ星やんな。

 

 

– 流れ星はどういう意味ですか?

 

RY0N4:Age Factoryの「High Way Beach」って曲を俺がプロデュースしたんだけど、エイスケくんも俺もいい歌詞書いてんなあって思ったとき「あー俺ら流れ星になっていくんやな」って感じて。

 

 

清水:ずっと探していたものがこいつも一緒やったんか、みたいな気持ち。

 

RY0N4:花火みたいな見られるために作られた輝きじゃなくて、きらめきを一瞬見つけたうえで光って去っていく、それが流れ星。俺らは本気でかっこいいロックスターを目指してるってのもあるし。

 

– 流れ星はHEAVENのスラングのようなワードですね。他によく使うスラングはありますか?

 

RY0N4:最近だと「手繰り寄せ」かなー。音楽やファッションとかのスタイルとかでその時代に必要な答えを示せるやつが人に楽しみを与えられるアーティストだと思ってて。それに近づくための要素を沢山のカルチャーに触れながら「これや!」ってひらめくことを手繰り寄せって言ってる。

 

清水:あと、たまに何していいかわからんやつのこと「ムーミン」て呼んでるな。

 

RY0N4:何していいかわからんやつにもムーミンタイプとスナフキンタイプがおるねん。スナフキンはただ遠くを見てるだけのやつ。

 

清水:ムーミンはただそこにいるだけのやつややな。

 

– どっちも同じような意味合いに聞こえますが、その違いはなんですか?

 

RY0N4:スナフキンは何していいかわからんけど、遠くを見て感じてる部分もあるな。

 

清水:たまに笛吹いたりするしな(笑)うちの益子くん(Age Factoryのドラム)はスナフキンタイプ。

 

RY0N4:その他だと「チェケ」ってめっちゃ使ってるな。やぁ!みたいな、「おつかれー、チェケ!」って挨拶にも使える。これから浸透していくと思うから、まずチェケの意味をチェケってほしい。

 

 

– 独特なスラングというか、ワードチョイスが絶妙ですね。みなさんの出身地・奈良も独特なシーンだと思うのですが、その影響はありますか?

 

清水:運命かわからんけど、奈良にはバイブスを感じさせてくれるバンドが近くにおった地やな。奈良だとLOSTAGE、京都のピアノガールに憧れていろいろ考えながら活動を進めてきたし。ヒストリーは詰まってる。

 

 

西口:奈良はたまたま生まれ育った土地でしかないけど、今の俺らみたいに全国でクルーやコレクティブが生まれているのは素晴らしい。アーティストとリスナーの垣根が薄れていってて、いい流れを感じる。

 

– たしかに。アーティストにスポットが置かれがちですけど、リスナーがいないとシーンは成り立たないですもんね。

 

RY0N4:でも垣根が薄れていくってのは良くも悪くもある。今はアーティストの私生活がSNSとかでよく見えるようになったから、「ああこいつも普通の人なんやな」ってリスナーに思われてしまうこともある。俺らは特別になりたいというか、ヒーローみたいになりたいから、そのへんはちょっと気を付けてる。HEAVENは全員がヒーローでMARVELみたいなもんやからな。

 

清水:俺らのやることなすことが全部かっこいいみたいな話になってほしい。

 

RY0N4:バンドマンもラッパーもせやけど、人としての需要がなかったらアーティストとしてあらへんわけやん。だから人々に求められるかっこいいヒーローってのが俺らの理想像。

 

西口:アベンジャーズ的なイメージが近いね、各自のカラーがあるところとか。

 

 

RY0N4:たとえば俺の好きなThe 1975では、クルーやコレクティブじゃなくても周囲にたくさんの人数が色々考えて動いてるわけやん。あいつらはアメリカやけど、俺らは日本という狭い土地で戦っていかないといけないわけで。しかも俺らはインディーだからそこまで人も動かせない、ってなると信頼できる人を集めていいもん作っていくしかない。だからセンスを信じられるやつを集めて高めていく集団でありたいねんな。

 

西口:Travis Scottの楽曲制作にTame Impalaのケヴィン・パーカーが参加しているのとか見ると、バンドとヒップホップが交わって一緒にやっていくってのは最高のスタイルだと思う。

 

RY0N4:Tame Impalaといえば、昨日俺が部屋帰ってきたときなんか聞こえるなって思ったら、ナオティーのスピーカーからうす~くTame Impalaの新譜かかってたな。こいつ寝てる時もディグってんなーって食らったわ(笑)

 

 

– 睡眠中もディグっている姿勢は食らいますね。それぞれ独自のカラーを持つみなさんが最近食らったものはなんですか?

 

西口:Spirit of the Beehiveってバンドのボーカルがdragg me名義で出したアルバム『I Am Gambling With My Life』がめっちゃ良かったかな。ハードコアパンクからローファイヒップホップまでフリじゃなくて根っこからやってるところにすごく食らった。

 

 

RY0N4:俺は「Momentary Bliss ft. slowthai & Slaves」が喰らった、カツカレーうどんって感じで最高。あとLil Soft Tennisはずっとぶちあがってる。

 

 

清水:食らったってか、この前RIZEのJESSEさんのソロ音源を聴かせてもらったときは同じバンドマンとして衝撃走ったな。自分たちがやりたかったものの最上級を見せてくれる先輩たちがいるんやなってびっくりした。

 

RY0N4:まさにその衝撃こそ「手繰り寄せ」やな(笑)

 

– その手繰り寄せが、現在のパーティーや楽曲制作などの活動に生かされているんですね。これからの具体的な活動予定は何かありますか?

 

RY0N4:今考えているのは古着のセレクト。音楽のシーンっている人たちの服装やスタイルって決まってるやん。そういう感じで、俺らのシーンにおけるスタイルを提案していくためのショップをやっていこうかなって。パーティーのチケット代が毎回3,000円くらいかかるなら、ライブ観に行くってよりも遊び場を作りたい。あとナオティーのゲーム実況チャンネルをYouTubeでやってこうかなって、ナオティーはゲームソムリエやから。

 

西口:音楽やグラフィックがかっこいいゲームがめっちゃあって。そういうのをカルチャーのひとつとして発信したら面白いだろうし、グッとくる人もいると思う。最近だと『CURSEDOM』ってダンジョン系のゲームの世界観やグラフィックが良かった。

 

 

RY0N4:バンドマンって曲作れるタレントみたいな存在でもあるから、面白いことだったらなんでもやっていきたいと俺らは思ってる。ほかにも誰かが映画作りたいってなったらやるし、めっちゃいい絵描きとかいたらプロデュースしてみたいし。そういうことやってる相手に俺らの曲を聴いてもらって、アドバイスとかもされたいしな。

 

清水:あと、2020/5/5(火・祝)にAge Factoryプレゼンツで野外フェス『NOVA CITY』がある。もともと自分がやりたいパーティーを組んだって感じなんだけど、RY0N4も出るしHEAVENのグッズや古着も売る予定。

 

 

西口:ロックバンド以外にもラッパーやDJも出演するし、完全にジャンルミックスのパーティーやんな。

 

RY0N4:ロゴデザインもHEAVENとして手掛けてるし、まじAge Factoryあざっすよ(笑)

 

– ありがとうございます。最後の質問ですが、HEAVENにとっての天国とはどんな場所ですか?

 

清水:ずっと楽しくいられる場所、いる人も来る人も全員がピュアな感覚で楽しめる場所かな。

 

西口:おれもそんな感じで、誰もがいろんなことを許されるような場所やな。何やってもいいしなんでも頑張っていける環境。

 

RY0N4:非日常で楽しい世界。みんながイケてる格好で集まって踊っている、ディズニーランド×100みたいな場所をHEAVENでも目指していきたい。

 

 

 

-Release info-

 

 

Age Factory

3rd Full Album “EVERYNIGHT”

2020.04.29 Release

agefactory.biz

design by HEAVEN

 

 

Lil Soft Tennis & rirugiliyangugili

New EP “Serve!” Now on listening

https://linkco.re/B6Z623gN

 

 

ARSKN 

New EP “99.9”

2020.03.27 Release

 

 

Event info-

 

 

Age Factory presents,

2020.05.05 at.Creative center osaka

 

“NOVA CITY”

 

Age Factory

yonige

ENTH

RY0N4

GEZAN (new)

ゆるふわギャング (new)

Kamui  (new)

 

DJ-

Okamoto Reiji(OKAMOTO’s)

TOMMY (BOY)

DAWA (FLAKE RECORDS)

 

official HP : novacity.agefactory.biz

 

 

MAX SPEED

2020.03.19(祝前日・木)

at 中野heavysick ZERO

OPEN / START : 23:00

CLOSE : 29:00

ADV : ¥2,500 / DOOR : ¥3,000 / U-23 : ¥1,500

 

ACT (A to Z)

 

–  LIVE –

Gokou Kuyt

lIlI

Lil Soft Tennis

NEHANN

Psychoheads

RY0N4

Us

Waater

YUZUHA (from YEN)

愛染 Eyezen

 

–  DJ –

DJ HONEYPANTS

EUREKA (Negative Cloud)

JACKSON kaki

Kotsu (CYK)

TRASH 新 アイヨシ

category:FEATURE

tags: / /

RELATED

FEATURE